2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2019年12月13日 (金)

[ティコ ~ クラビウス」近辺

201912091130hp

非常に良く写りました。(自己陶酔)
いつもこういうシーイングだといいんだけどな~。

Lunar100的には
ティコがNo.6
クラビウスがNo.9です


2019年12月12日 (木)

「ケプラー ~ マリウス丘 ~ アリスタルコス台地」近辺

20191209hp

範囲が広いのでついついタイトルが長くなってしまいます。
ちょうど欠け際なので谷と呼ばれる細いにょろにょろが良く写りました。
マリウス谷とかアリスタルコス谷とかプリンツ谷とかシュレーター谷とか。

Lunar100で言うと
アリスタルコスがNo.11
シュレーター谷がNo.17
アリスタルコス台地がNo.22
マリウス丘がNo.42
プリンツ谷がNo.86

ライナーガンマはまだ夜の部分なので見えませんね~。

C9.25 ASI290MM 8コマモザイク合成

 

2019年12月11日 (水)

「シラー ~ シッカルト」近辺

昨日に続き、月面の強拡大。
シラーからシッカルト付近。

Photo_20191211182201

Lunar100で言うと
シラーがNo.30
シッカルトがNo.39
ワンゲルチンがNo.43
シラーズッキウスベイスンがNo.59と盛りだくさん。


C9.25 ASI290MM ×1.6バロー Y2フィルター 

 

2019年12月10日 (火)

「グルイテュイゼン ~ リュンカー」近辺

「グルイテュイゼン」。

201912091125_4rs

うっかり油断すると舌を噛みそうな名前(笑)
上の方のクレーターとちょい下の2つの山(デルタ山、ガンマ山)にその
名前が付いています。
その2つの山がLunar100のNo.49。

右下が有名な「リュンカー」。
光加減がよくて、立体的に写りました。
こちらがLunar100のNo.62。

超久しぶりの撮影だったので、いろいろとミス連発。
挙句、待機時間が長すぎてPCのバッテリー切れに見舞われてあまり
撮れませんでした(T_T)
諸般の事情によりモノクロ仕上げです。


2019年12月 4日 (水)

オリオンの季節がやってきました。

12月に入ったというのに気温が高いです。
おかげで空気が淀んで、透明度最悪。
その最悪条件の中、上がってきたばかりの低空のオリオンを
狙ってみました。
なぜって、この辺しか晴れてなかったんだもの。

M421204

う~~~ん、やっぱりイマイチ。
月も大きくなってきたので、次回リベンジですね。

D5300 Borg36EG スカイメモRS




2019年12月 3日 (火)

ビール片手に星空を想う

晴れませんね~。
ポチり病が発病しないようにさっさと帰ってビール飲む日々です。

さて、今年もやってるみたいです。
サッポロビールの「星と乾杯キャンペーン」。
定期的に開催してるとこ見ると、結構好評なのかな?

Img_5592

缶に貼ってあるQRコードを読み取って、映し出される星空から
お題の星座を見つけるというモノ。
この日のお題は「アンドロメダ座」。
まあ、解かるわな。
特に先日M31とかM33とか撮ったばかりなので、正確な星座の形は
あやふやでも位置関係とかから推測できるし。
一般の人の正解率って、どんなもんなんだろ?


2019年11月28日 (木)

SXP赤道儀 本日は絶好調!

以前書いた「赤道儀の追尾が速い?」問題。

数十秒ももたず、どんどんズレてくる。
赤経方向にのみズレるので極軸の問題ではなく追尾速度がおかしい
のではないか?
しかもよくよく見ると「速い」みたいだぞ。
というのが前回の内容。

ふと思い立ってM33を撮影したファイルをすべて比較明合成してみた。
オートガイド無しのノータッチ。
1分×60枚なので1時間露光したことになる。

Photo_20191128201401

カメラを90度傾けているので日周運動は上下方向。
左右にズレているのは極軸のセッティングがいまいちなせいでしょうか。
かなり優秀なんじゃないですか!
セッティングを煮詰めてPECも併用すればかなりいけそうな予感。

以前のメタメタガイドはいったい何だったんだろう????
なにかのエラーだったのかな?



2019年11月22日 (金)

「M33」

3年ぶりくらいかな~、M33撮るの。
久しぶりだから張り切って撮ろう! という思いがカラ周りしたのか
初っ端からミス連発。

まずはオートガイダー(M-gen)を忘れた。
正確には固定するためのアリガタプレートを忘れてきたのだ。
実はうちの望遠鏡は筒によってガイダーの取り付け方が違う。
アルカスイスだったりビクセン式だったり。
今回使ったBKP200はファインダー台座に着ける方式。
細いアリガタが必要なのだ。
仕方ないのでガイダー無しのノータッチで行く。

続いてLフィルター(IRカットフィルター)を忘れた。
フィルターを入れないと写り云々よりもレデューサーのバックフォーカス
の関係で収差が収まらないのだ(経験済み)
あちこちかき回してみたらケンコーの「スターリーナイトフィルター」が
出てきた。まあ光害抑制にもなるし、これを使おう。

そんなこんなでやっと撮影開始。
そして、、、

M33hp

う~~ん、もう一押しほしいところだけど、お手軽撮影としては、まあ
こんなもんかな?

ASI294MCPro(-10°)
BKP200 AckermannSP(580mmF2.9)
60s×60枚





2019年11月21日 (木)

コ・ボーグでもくもく「M45」

またしてもM45、プレアデス星団です。
Borgの36ED+D5300で撮ってみました。
この36EDは以前、CMOSカメラで何度か使いましたが、普通の
カメラで撮るのは初めてかな?

1.1×DGというフラットナーを付けて220mmF6.1というスペック。
当初、ガイド鏡用に購入したのでフラットナー無しだったのだけど
それだとフォーサーズでも周囲は流れまくりという無残な結果。
このフラットナーは「APS-Cの周辺までシャープな像を実現しました」
という謳い文句で、ちょっと高いが(¥30000近くする)効果絶大。
ちなみに周辺減光はそれなりに有るのでフラットは必須。

M45nonflat
こんな感じ。

フラット入れていじくってたら、だんだん周りの分子雲が浮かんできたので、
シャープな処理はやめて、もくもくをあぶり出す!
これでもか!これでもか!と強調処理。
で、

ジャーン!
M45stackedhp
こうなりました。

180秒×10コマ スカイメモRSでガイド
DSS SI7 PS FlataidePro

気温、ぎりぎり「+」だったけどあちこち凍りついてました。
そろそろバッテリーの保温を考えないと、、、。




2019年11月18日 (月)

いや~、かなり久しぶりに月が撮れました。
しかも満月過ぎ。
満月を過ぎると撮影頻度が極端に下がります。
なぜなら「上がってくる時間が遅くなるから。」
撮影日は土曜日だったので、時間に余裕があり高度が上がるのを待って
いましたが微妙に雲が、、、、。

と言う訳でさっさと撮影。
高度は30°くらいかな~。
かなりユラユラなもののIR850フィルターの効果でそこそこの絵に
なった、、、かな?

20191116hp

C9.25 4コマモザイク合成。






«なんじゃこりゃ~! 怪しいフラットフレーム