2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

M20

三裂星雲ことM20。

M20fb

このくらいアップになると三裂っていうより暗黒帯くっきりですね。
露出不足で青い部分がちょっと物足りない、、、。
撮り直したいけど、高度が無いからこのへんは撮りにくいんだよな~。

C8 ASI1600CCool SCTコレクター PHD2



2016年8月25日 (木)

しつこくM51

またまたまたM51。
今度はデジイチじゃなくASI1600Coolで撮影。

M51fb

かなり荒れている。
もうちょっと撮り増ししたいけど今シーズンはもう終わりかな~。
天気悪くてなかなか思うように撮れません、、、、。



2016年8月23日 (火)

M13

有名な割に一度も撮ったことがなかった「M13」。
かなりあかるいので飛ばないように短時間露光でいく。
10秒とか20秒なのに、なぜかPHD2のオートガイドがいまいち。
良さげなところを厳選してスタック。

M1320sfb

もうちょっと枚数稼ぐと一回り大きくなりそう。
色があんまりでてないね。

C8 SCTコレクター ASI1600Cool





2016年8月22日 (月)

M27 再処理

前回のM27。
ちょっと処理方法を変えてみました。
このカメラ、ちょっと赤が強すぎる感じがあるので抑え気味に。
そしたらグッと青が出ました。

M2730s60sfb

アレイ星雲っていうイメージで言えば前のほうがよかったかな?
派手すぎたので彩度を落とすもまだ派手か?

C8  ASI1600-Cool  SCTコレクター
30s×15fr
60s×9fr
dark 5fr




2016年8月19日 (金)

M27

ちょっと撮影順ではないけど、まず 「M27」。

M27fb

C8+SCTコレクター ASI1600-Cool
結構写りますね。
ゲインを上げてPCモニター上で存在を確認できるので導入は楽ちん。
すべてPCでコントロールできるので一眼レフよりも使いやすい。
かなり楽しい。
しばらく遊べそう。




2016年8月10日 (水)

買った!

オモシロそうなのでついポチっと。

「ASI1600-COOL」。

フォーサーズサイズのカラー冷却カメラ。

Asi1600

あっちに付けたりこっちに付けたり。
なぜって? 晴れないから。

とりあえずキャプチャーソフトの研究中。
動画用のFireCapcherで撮るとTifはモノクロにしかならない。
Fitsで撮ってDSSに入れると、読み込むものの映像化出来ず(T_T) なんで?
いろいろとググってみるもののまだこのカメラを使っている人が少ないせいか
ほとんど情報が出てこない。
翻訳ソフトを駆使して海外サイトを覗いてみるとやはり同じような問題が。
「Nebulocity」というソフトがZWOカメラに対応したのでいいよという情報があり
お試しでDL。

う~~ん。設定がよく解からん。
しばらくいじくってみます。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

最近のトラックバック