2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月27日 (木)

M51

通称「子持ち星雲」っていうヤツ。
厳密には星雲じゃなくて銀河なんだけどね。

M51fb

まずいつもの撮り方、短時間露光を多枚数稼ぐ。
とりあえず枚数が多いとそれだけで画質が良くなるというかザラつきが減って
処理しやすいのでむやみに撮る。
が、後で解かるのだが短時間過ぎて星が少なく、スタック出来ない!
どうやらDSSでは最低7個の星が検出できないとスタックしてくれないみたい。
診断結果によると「4個」しか検出してなくて全滅。
6秒×200枚が無駄になりました(T_T)

残りの20秒×60枚と60秒×40枚でなんとか絵にしました。

C8 ASI1600MC-Cool(-15℃) ゲイン139 SCTコレクター





2017年4月14日 (金)

木星

「木星」。
なかなかシーイングが良くならないですね~。
それでも普段よりいくらかいいかな? っていう感じ。

5カットほど撮ったところで急激にシーイング悪化。
これが一番写りがいいかな?

Jup_215505fb

とりあえず大赤斑があると絵になります。




2017年4月13日 (木)

「月」 超拡大

月ばかり撮ってます。
なぜって? それは「月」が出ているから。

今回はモザイク枚数を少なくしてグッとアップ。

Hp

AVIで1500フレームとって90%スタックしてるけど、もうちょっと枚数減らしても
いいような気が。
容量を減らすようにしないとHDがパンクしそうです、、、。


2017年4月11日 (火)

もう一丁 「赤外Moon」

Moonhp

「プラトーあたりからコペルニクス付近」

これだけ写ると楽しいな~。




月 LRGB

「月」。

IRフィルターを付けて赤外撮影。
フィルターを外して普通にカラー撮影。
せっかくなので両方を合成して簡易LRBG。


Fbhp

色が良く出なくて彩度を思いっきり上げたらちょっと不自然なかんじになったけど
まあいいか(笑)
とりあえず手法はマスターしたので次に生かします。

2017年4月 6日 (木)

月 「高解像」

ずっと天気が悪くておおよそ一か月ぶりの撮影。
うす曇りだったが月が出ていたので撮る。

ASI290MCは赤外域にも感度があるのでIRフィルターを使うと赤外撮影ができる、と
教えていただいたので早速やってみる。
モニターで見た感じはごく普通。
でもなんとなくクッキリして見えるような気もする。
とりあえずあちこち撮っているうちにPCの電池が終了。

翌日PC処理。
Registaxから出てきた画像をみると、、、「おおっ!」
せっかくなのでモザイクして仕上げてみる。

Fb

なんかすごく写ってない?
これは面白い。
また撮るぞ~、と思ったらずっと曇りだ(T_T)





« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

最近のトラックバック