2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« オートガイドについて考える その2 | トップページ | オートガイドについて考える その4 »

2017年10月18日 (水)

オートガイドについて考える その3

まずは奇跡の一枚(笑)

31180s

180秒露光×8枚分の比較明合成(スタックではありません)
トータル1440秒。24分。
個別に見れば失敗コマ無し。パーフェクトガイド!
ピッタリと重なっていて、全くと言っていいほどズレていません。

どうやら失敗のコマの流れた分だけズレていくような気がする(仮説)

ガイダーはどういう仕事をしているのか?

6_3
こういうイメージだったが実際は
4
こうだったり
12
こういう感じに補正しているのではないか?
青の円の中に入っていればOKとすればガイダーの仕事としては完璧なのだが。

ひょっとして、この青い円のイメージというのはアンカーを打ったような絶対位置では
なくて補正後、補正後で星像を基準として変更されるのではないのか?(仮説)

8
こんなイメージ。
これの繰り返しで少しずつズレてくるのではないのか?(仮説)
だとするとセッティング的な理由で1方向ににばかり補正が入る場合に大きく
ズレてくるのではないのか?

ちなみに自分の赤道儀は点検したところ、極軸望遠鏡が少々傾いていて
修正したばかり。
上のパーフェクト比較明写真はその直後に撮った物だったりする。

以前、電子極望が出始めたころ、「ガイドの精度が上がった」的な意見が結構
あったような気がする。
自分的には「どうせガイダーが補正するのだから、極軸なんて多少ズレてたって
関係ないだろ」と思っていたが、そうでもないような気がしてきた。

極軸が合っていないと1方向にズレる → ガイダーが1方向に補正 → 徐々にズレる

極軸が合っているとPモーションの分だけ星が行ったり来たりする 
                   → 2方向に補正する → 連続的にズレることは無い

という事ではないのか?

またまた続く。




« オートガイドについて考える その2 | トップページ | オートガイドについて考える その4 »

トラブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オートガイドについて考える その3:

« オートガイドについて考える その2 | トップページ | オートガイドについて考える その4 »

最近のトラックバック