2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 「ターコイズフリンジ」の話 | トップページ | オールドニュートンがやって来た! その5 »

2018年2月 5日 (月)

オールドニュートンがやって来た! その4

さて、いよいよ試写というかフォーサーズのカメラを付けて地上の景色を見て
みたところ、、、、。

良く見えるのだがちょっと違和感。

「周辺減光が激しい」

なぜだ? どうやら斜鏡が小さいらしい。
眼視なら問題ないのだろうがそこそこの大きさのあるセンサーだと周辺まで
充分な光が届かないようだ。
実際、接眼部から上下左右に眼を動かしながら除くと中心をそれると斜鏡に
写る主鏡の一部がケラレている。これが周辺減光の原因だろう。
というわけで計算。
サイン、コサイン、タンジェントなど使ったのは学生の時以来か(笑)

で、ざっくりと38mm程度の短径が必要みたい(現在は23mm)
ググって見ると40mmという規格があった。
さっそく「笠井トレーディング」に注文。在庫ありとのことで翌日に届く(早っ!)

しかもデカっ!

Imgp0043

こんなにデカくてどれくらい光量落ちるの?
と、またまた計算。
約90mm相当の光量。F10だけどF11くらいの明るさっていう事かな。
まあ、そんなもんでしょう。

外したついでにスパイダーもなんとかしよう。
3本スパイダーだと6本の光条が出て画面がうるさいので。

ところがまたまた問題。
10cm用のパーツなどどこにも売ってない(T_T)
最低15cmからみたい。

どうしたものか?
無いものは作るしかないか。

というわけで続く。



« 「ターコイズフリンジ」の話 | トップページ | オールドニュートンがやって来た! その5 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールドニュートンがやって来た! その4:

« 「ターコイズフリンジ」の話 | トップページ | オールドニュートンがやって来た! その5 »

最近のトラックバック