2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

「アリストテレス~カリッポス」近辺

Moonlrgbhp2

画像処理が上手くなったのかと思わせるほどの写り! (笑)

撮像はノートPCです。
SSDとHDの2基積みだけど合計で1.2テラ程度なのであまり撮り貯めは
できません。
基本、1日の撮影分はデスクトップPCに移動して画像処理。
デスクトップは仕事でも使っているので余裕は1テラくらい。
処理が終わって映像化できたものから別のHDへ移動する。
なので画像処理が滞るとノートの空きがなくなって撮影できない。
さっさとやりたいがスタックに時間がかかるので1枚(モザイク前提なので
8ファイルとかだと40ギガ)に一日かかる。

今、そういう状態なので曇るとちょっとホッとしたりして、、、。




2018年3月29日 (木)

「アグリッパ、ゴダン周辺」

Moonlrgbhp

もはや気持ち悪いほど写ってる(笑)

この一帯がちょうど夜明けのタイミング。
やっぱり月は斜光が綺麗だな~。








2018年3月28日 (水)

「テオフィルス~アルタイ壁」

Moonlrgbhp

C9.25  ASI290MM   ASI294MCPro  ×2バロー  LRGB合成 3コマモザイク合成

デカいクレーター、下からテオフィルス、キリルス、カタリナで右上の
にょろにょろがアルタイ壁です。

実は前回あたりからさらにフィルターの見直しがあって、以前とはだいぶ
写りが改善してます。
当初のIR850は効果絶大なのだけれどシャッタースピードが遅くなるのが欠点。
C11とかC14とか巨大口径の望遠鏡で高速シャッターが切れればいいんだろうけど
自分のC9.25だと微妙。
で、ちょっと前からR610に変更していい結果がでていたのだけれどさらに
面白そうなブツを発見。
バーダーの570nm~passというフィルター。
色はオレンジっぽいかな。
言ってしまえば、ボケやすい青系の光をカットするフィルター。
これだとR610よりもさらに高速シャッターが切れる。

結果が上の写真。
なんか良さそうだぞ。
しばらくコレでいきます。





2018年3月27日 (火)

「アトラス近辺」

Moonlrgbhp

月面、強拡大。
久しぶりにいいシーイングだったので絨毯爆撃のごとく撮りまくる。
ちなみにASI290MMで1500fr撮ると約5ギガ。
1つの対象を4コマモザイクしようと思うと20ギガ。予備でもう1カット撮ると
40ギガ。
このペースで5対象撮ると200ギガ。
テラなんてあっという間だね(笑)

キャプチャーはSSDでもHDでもあまり変わらないという意見も多いけど
自分の環境ではSSDのほうがやや速い。

高い金だしてSSDを増設するべきか安くて大容量のHDにすべきか、
悩むところです、、、。

2018年3月24日 (土)

連夜の月

天気予報、GPV共に曇りっぽい微妙な予報だったがなぜか晴れ。

急遽準備して撮影。

Moon_190042_1_lapl4_ap1069_stitchrs

ちょっとシーイング良さげな感じ。
拡大も何枚か撮ったけどどんなもんかな?
ゆっくり処理してみます。


2018年3月23日 (金)

今宵の月

久しぶりに月を見た気がする。
夕方から晴れてきたので、早めに仕事を切り上げて撮影準備。

望遠鏡を向けると、、、
う~~~ん。シーイング悪いな~。
拡大無しの直焦点でピント合わないって、どんだけ気流状態悪いんだよ(笑)

とりあえずいつものようにIRフィルター使って撮る。

Moon_191918_6_lapl4_ap737_stitchrsl

拡大しなければそこそこ写ってるように見えるか?
さすがIRの威力。



2018年3月20日 (火)

なぜ街はどんどん明るくなるのか?

天体写真を撮る人なら誰でも思うだろう。
とにかく明るい。

市役所関係の知人に聞いた話。
夜道が暗い。街灯を増やしてほしい、という要望がかなりあるらしい。
主な理由は防犯的な事。
大半の人がとにかく明るくして夜でも安心して歩けるようにしてほしいらしい。
「暗い」という苦情はあっても「明るい」という苦情はほとんどないらしい。
(寝室を照らされてまぶしいというのはごくたまにある、らしいが)
あまりにも要望が多いからちゃんと毎年予算を取って増やしている。
というわけで、毎年一定レベルでどんどん増える。
自治体以外でも商店街や企業などでも設置する。
明るくなった!と喜びの声が寄せられる。
最近はLED化によって電気代も安くなり負担も小。補助金まで出たりする。

という訳で、日本中が明るくなるまで街灯の増設は続くらしい。
なにしろ苦情反対がないし。
電気も安いしね。

日本人ってつくづくバカだな~。



2018年3月14日 (水)

春のDSO 痛恨のミス

久しぶりに晴れた。
広範囲で天気が良さそうなので山方面に行ってみた。
まだスキー場がナイター営業してるので山の反対側へ。
途中、まだ路上に雪が残っていて走りにくい。
開けているいつものポイントに着くと、そこは日当たりがいいためか、
雪は無い。
あいかわらずシーイング悪くてC8は無理っぽい。
500mmのプロミナーならなんとかいけるかな?

自動導入でM81M82をロックオン。
カメラはASI294MCProなのだが、1秒露光でモニターではっきり見える。
結構明るいんだね。
見える被写体は構図の調整が楽で助かります。
それにしても久々に見るM81M82は小さいな~。
こんなに小さかったかな? と思いながらも撮影。
で、ふと気づく。
「あっ、やっちまった!」 
×0.75のレデューサーがつけっぱなしだ。

外せばいいという問題ではない。
このレンズはレデューサーを付けない時はTX10というレンズ無しの
スペーサーみたいな部品を付けないとピントが出ないのだ。
もちろん持ってきてない(笑)

仕方ないのでそまま撮影。
小さくて迫力無いな~。
しかも時折強い風が吹いてブレブレ。

なんとなく心が折れたので5枚ずつ撮って終了。
とりあえず処理してみるも想像通りいまいち。

まあ、山の雪の状況が解かったのでOKということで。

M8182fb

ついでにM51
M51fb




2018年3月 8日 (木)

冬の必需品!

もはや春も近いのに冬の話。

手が冷える。

長時間で多枚数の露光だったりするとセッティングが完了すると割とヒマ。
ところが月の拡大撮影だったり、各種トラブルが発生したりするとPC操作に
かかりっきりになる。
当然、手袋とかできないので素手での操作になってしまう。
これがツライ。
オッサンになって指先の血行が悪くなってきたんじゃないの? という
ツッコミは置いといて、とにかくツライ。
この冷えは近年、特に激しくて、冷えるとかのレベルじゃなくてふと気が付くと
指の感覚がまったくなくなっている。
「あれっ、凍傷になった? このまま指無くなる?」っていうくらい感覚がないし
動かなくなってる。
慌てて首とか触って温めるが、ほとんど回復しない。
手が動かないと撤収もできないので車に戻り、ヒーターで温める。
もはや外的な熱源がないとどうにもならないようだ。
感覚が戻ってくると強烈な痛みに襲われる。
すっかり温まると痛みもなくなるのだが、しびれが残る。このしびれは
2~3日続いたりする。
これって間違いなく軽度の凍傷でしょう。

なんとかせねば。

という訳で、あちこちググっていると、「ヒーターグローブ」なるものを発見。
さっそく注文すると 「特急便」か「通常便」かを選べとのメール。
さほど急いでないので通常便を指定する。
が、さっぱり届かん。正月を挟んだとはいえなんと1カ月以上かかって到着。

Imgp0054

すべて中国語(笑)
中継の伝票を見ると、どうやら本当に中国から送られてきたようだ。

仕組みは簡単。
ちゃちいクローブの中にヒーターが入っていて、手の甲の部分のポケットに
バッテリーをいれてコネクターをつなぐと加熱開始。スイッチは無い。
甲側にヒーターがある。指はあったまるの?

すごく失敗した感満載だったが、後日撮影時に使ってみる。
例によって指の感覚がマヒしてきたあたりで使ってみると、、、、

おおっ! これは暖かい!想像以上にポカポカだ!
甲が温まるだけなのに指も暖かくなるし、なぜか体まで温まる感じだ!

ただし、装着していると機器の操作は出来ないので冷えたら手を入れる、
温まったらPCをいじるの繰り返し。
いや~、もっと早く買えばよかった。
と、思っていたらどなたかのブログで「ビクセン」から似たようなグローブが
発売されるとの記事が。
写真を見たら結構いい作りみたいだけど万単位だろうな~。売れるのかな~?
ちなみにこの中華製グローブは「¥3000」だ。

最後に。
想像以上に効果あり。もはや手放せない存在。
が、ひょっとして「ホッカイロ」で充分なのではないか? という結論に達しました(笑)








2018年3月 2日 (金)

月面 その3

タイトルがちょっとアレだったので変更しました。

さて、月面のモザイク撮影は非常に時間がかかる。
SERファイルをオートスタッカートでスタックしてI.C.E.でくっつけて
Registaxでウェーブレット処理してPSで調整してステライメージでLRGB合成して
もう一回PSで微調整して、、、、。
不具合があると前処理工程に戻って、、、。

そろそろパソコンも替える時期かな~。(一応i5ですが)

という訳でやっと出来た3ショット目

Moon_204922_11_lapl4_ap2344_stitchr

「アルプス谷~プラトー」あたり。
プラトーの中の小さいクレーターはいままでも何度も狙っていたが一度も
写らなかったのだが、今回は複数個写った。
かなりシーイングが良かったんだろうな~。



2018年3月 1日 (木)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! その2

「コペルニクス」

Moon_210301_18_lapl4_ap2279_stitchr

6コマのモザイク合成だったのだが、「モノリス」の映り込みが発生。
なんのことはない、モザイクの歯っ欠けです。
しかたないのでトリミングして調整するもキツキツな構図に、、、(T_T)
実質3コマくらいのエリア。
以前、頻繁に失敗していたので目印になるクレーターとかをノートに書いて
確実にズラシながら撮っていたのだが、横着して感でやったらみごとに失敗。
さすがに2列になると記憶が追い付かないのか(笑)
次はちゃんとやろう!



« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

最近のトラックバック