2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 和田アキ子モデル? | トップページ | 泥沼化の様相 »

2018年4月 6日 (金)

新・動物避け

Img_3928

ふきのとう収穫。

一説によると熊は冬眠明け後一番に、このふきのとうを食べるそうだ。
ずっと絶食していた内臓の調子を回復させるのにいいらしい。
という事は、ふきのとうのシーズン=熊シーズンの到来だろうか。
実際、ラジオや新聞で熊に注意! みたいな報道が増えてきた。

さて、熊に限らず山には野生生物が多い。
キャンプなんかとは違って写真撮ってるときはほぼ無音。(最近はラジオを
つけることも多くなってきたが)
暖かくなってくると、カエルのゲコゲコをはじめ夜行性の鳥やら正体不明の
鳴き声がうるさいし、なにやらガサガサと枯れ草を踏む音も聞こえる。
以前は怖くて、ホイッスルを吹き鳴らしていたが、効果のほどは疑問。
ガサガサ、メキメキという足音はまったく止まず、どんどん近づいてくる。
一度、あまりに至近距離に来た為、走って車に避難したが、戻ってみると
PCを載せていたテーブルがひっくり返されていた。
皆さんの推測によると、イノシシではないか? とのお話。
という訳で、ホイッスルはイノシシには効かない。
それでも他の動物には効くのかとしばらく使っていたが、去年の春、
ガサガサが止まないのでピーピーと吹き続けたところ、消防車がやって来た!
話をすると、火の用心の巡回をしていた地元の消防団だそうだ。
笛の音が聞こえたので遭難、事故かと思い見に来たとの事。(夜9時頃)
とにかく効果も希薄だし各方面に迷惑もかかるのでホイッスルは止め。
一応、非常時のために首にはかけておくけどね。

さらに違う動物に遭遇した。
例によってミシミシと枯れ草を踏む音がだんだん近づいてくる。
冬だし、熊はないな、とタカをくくっていたらさらに接近してきて、なんとなく
そこそこ大きい感じの雰囲気。
怖くなって大声を出してみたら「ヴヴ~」という大型犬のような唸り声。
逃げるどころか完全に戦闘態勢だろ。で、避難。
なんだったんだろう? 犬っていう事はないだろうけどありえない事でもないし。
なんか考えなきゃな~。

この時の「犬」というフレーズでふと思いついてニューグッズを購入。

Dscn0265

高周波ホイッスル、通称「犬笛」。(右側。 左は通常のホイッスル)
その名の通り20000Hz近い高周波の音が出るので人間には聞こえない。
(モスキート音と同じで若者には聞こえるのかもしれないけど未検証)
ちなみにコウモリの声は聞こえるので、さらに高い周波数と思われる。

不思議だがこれが効果絶大。
一度吹くとそこらじゅうがシーンとなる。
カエルだろうがフクロウだろうが正体不明の足音だろうが全てストップする。

家でも試してみた。
ネコが2匹いるのだが、ふだん物音にも動じないで爆睡しているのに、
ピッと(音は聞こえないが)軽くふいたら 2匹とも「なんだ??」という顔して
急に厳戒態勢。
聞きなれない音だからなのか? 不思議だがとにかく効果がある。

しばらくはコレだな。
(もちろん熊撃退スプレー、フラッシュライト、は装備してます)






« 和田アキ子モデル? | トップページ | 泥沼化の様相 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・動物避け:

« 和田アキ子モデル? | トップページ | 泥沼化の様相 »

最近のトラックバック