2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 月 拡大 | トップページ | フードを作る C9.25編 »

2018年5月 2日 (水)

ASI1600 開封の儀

「開封」。

一般的な「新品が届いたよ~」というヤツではなくてほんとの開封。

これは以前テスト撮影した補正前の画像

M63

ゴミが写ってる!
実は撮影時に気が付いていたのだが、現場でのブロアーでは解決せず。
帰ってきてからじっくり清掃するも取れない。
どうやら内側の汚れらしい。
ちなみに日本の代理店では清掃してから出荷してるとのことだけど、
コレは本場中国からの直送モノ。

まあ仕方ないので開けてみるか。

Dscn0267

4隅のヘキサゴンボルトを緩める。


Dscn0268

簡単に開いた。
あれっ? 乾燥剤は入ってないの???

Dscn0269

蓋側に入っていました。

ブロアで清掃して終了。
ちなみに手は素手ですが、マスクしての作業でした 。
うっかりくしゃみしたりすると大変なので。



« 月 拡大 | トップページ | フードを作る C9.25編 »

機材」カテゴリの記事

コメント

赤缶のふた、開封されましたかー。
私は小心者なので、ちょっと勇気が出ないかも。

木人さんのロットはフタの裏に乾燥剤が格納されているのですね。
ひょっとすると、乾燥剤が崩れてゴミが発生しているのかも知れません。
私のASI1600『軍団』は、幸いゴミがまだ出ていませんが、そのうち『開封の儀』執り行わないといけないでしょうね。

クリーニングの成果、楽しみにしています♪

どなたかのブログでも「乾燥剤がボロボロと崩れてきた」的なコメントがあったような記憶があります。
もうちよっと配置を工夫してくれればいいんですけどね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASI1600 開封の儀:

« 月 拡大 | トップページ | フードを作る C9.25編 »