2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 木星 | トップページ | 月の向き »

2018年5月18日 (金)

フード検証 C9.25編

先日作ったシュミカセ用のフードを使ってみた。
雨上がり。夕方の段階で湿度63%。
夜になって気温が下がってくると確実に結露するね。
19:30くらいからセッティング。
この日は木星狙いだったがシーイングが悪くて待機、撮影の繰り返し。
気が付けば22:00。
湿度は85%。
触るものはみなビチャビチャに結露している。
P5100148
赤道儀、鏡筒、車の窓、PCの画面まで曇っている。
肝心のCPは?
P5100150
おおっ! 曇ってない。
いつもはほぼ確実に曇るのでドライヤーで乾かしながら撮っているのだが。
フードの外側はびっしょり。
内側のダンボールも触ってみるとかなり湿気って柔らかくなっている。
かなりの水分を吸収してくれているみたい。
ちなみにこの後、じわじわと曇ってきたのだがそこそこ効果あり。
こんなに極端に湿度が高い日じゃなければフードだけでいけそうな感触。
C8用も作ってみるかな。

« 木星 | トップページ | 月の向き »

機材」カテゴリの記事

コメント

やはり、これだけ、段ボールの穴が開いてると湿度を取り込めるんですね。
85%の湿度だと、ノートPCなどもビショビショで、液晶を締めて置かないと、飛んでもないことになります。
根気が要りますが、この作成方法が一番効率良くフード内の湿度を撃退できるかもですね。

コメントありがとうございます。
PCはタオルをかけて使ってますが、かなり結露しますね~。

フードは短時間なら効果「大」のようです。
まあPCのバッテリーが4時間くらいしかもたないのでその程度をクリアできればOKなのですが。
一応ヒーターや乾燥空気装置もあるので併用して実験してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フード検証 C9.25編:

« 木星 | トップページ | 月の向き »

最近のトラックバック