2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« またまた「開封の儀」 HD編 | トップページ | 雨の日の工作 »

2018年6月18日 (月)

短焦点屈折機の選択

我が家のレンズラインナップはちょっと抜けているところがあって150mmの次が
350mmに飛ぶ。


夏に向けてセンサー、レンズを吟味し構図を考えていたら、どうもこの空白の
焦点距離がピッタリな感じ。

実は以前から200~300mm程度の望遠レンズが欲しかったのだが (旧ニコンの
レンズはあったのだが星用としては画質がいまいちで売ってしまった)このあたりの
レンズって無いんだよな~。
150mmと350mmの間というと、250mm前後がいいんだけど、カメラレンズは
ピッタリなのがないから望遠鏡かな~。
Fs60cb_01
望遠鏡でググるとタカハシのFS-60CB。

Borg6256
もしくはボーグの55FLのどちらかかな~?

と考えていたら、なんとビクセンからダダカブリの新製品が発売されるらしい。

Fl55ss_tube_side
これは悩むぞ。
※ 製品の写真は協栄産業さん(大阪)から拝借いたしました <(_ _)>


« またまた「開封の儀」 HD編 | トップページ | 雨の日の工作 »

機材」カテゴリの記事

コメント

何となく、もう、予約済みな感じですか。(笑)

いや~、まだまだ悩み中でした。
短焦点ニュートンもいいかな~とか、煩悩が拡大してます(笑)
なにせ望遠鏡はシュミカセしか持ってないので一気に長焦点にいっちゃうので、、、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短焦点屈折機の選択:

« またまた「開封の儀」 HD編 | トップページ | 雨の日の工作 »