2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 初めてのWinJUPOS | トップページ | 短焦点屈折機の選択 »

2018年6月11日 (月)

またまた「開封の儀」 HD編

使わないハードディスクが溜まってきた、という話は以前UPしたのですが。
「分解してみよう」という欲望がムラムラと、、、。
とりあえず全く利用価値が無いと思われる250Gをバラす。
全てのネジは「トルクス」という星型みたいなネジなので専用工具を使う。
一般的には、「素人には分解してほしくない箇所」に使われているネジです。
なぜか我が家にはそんな工具もあるのだ。
ネジを外せば簡単にパカっと開く。
Imgp0074
ピカピカのディスクが見える。
更に分解。

Imgp0075
割と分解可能箇所は少なくて、ディスクくらい。

Imgp0076
結局、3枚のディスクが出てきた。
おそらく裏表×3枚で、合計6面の記憶領域があるものと思われます。

Imgp0077
データを読み書きするピックアップ部はものすごく繊細というか細かい作り。
分解はここまで。
圧入とかその手の手法で組み立てたと思われます。
調整箇所も無し。
モーターすら外せません。
分解マニアとしてはあまり面白くない対象でしたが、ある意味、これで
精度が出てるってスゴイな~




« 初めてのWinJUPOS | トップページ | 短焦点屈折機の選択 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた「開封の儀」 HD編:

« 初めてのWinJUPOS | トップページ | 短焦点屈折機の選択 »

最近のトラックバック