2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アペニン山脈 | トップページ | CMOSセンサーを撮る! »

2018年6月26日 (火)

再びヒノキン族

なんじゃ~コリャ~! なシーイング。
冬に望遠鏡を暖かい部屋から出して、順応無しですぐに覗いても
こんなにひどくないぞ!
C9.25の直焦点でピントが合わん。
木星も金星も肉眼でキラキラ。
止めようかと思ったが、せっかく晴れたので10cmニュートンを出してみる。
ちょっと前にジャンクから再生したアレです。
カメラをセットしてPCを起動すると、、、
おー! 良く見える。
倍率が低いからなのか(焦点距離がC9.25の半分以下)、10cmという解像度の
低さからなのかユラユラをあまり拾わず、結果良く見える。


201806lrgbbinhp


1フレームに収まるのでモザイク無し。
容量がいつもの1/4で済みました。転送もラクラク(笑) 


« アペニン山脈 | トップページ | CMOSセンサーを撮る! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再びヒノキン族:

« アペニン山脈 | トップページ | CMOSセンサーを撮る! »