2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 今期最高更新! 木星 | トップページ | またまた「開封の儀」 HD編 »

2018年6月 8日 (金)

初めてのWinJUPOS

はやりの「De-rotation」 (デローテーション)をやってみました。
惑星(主に木星)の自転によるズレを補正しながらスタックするヤツです。
今更、という感じですがようやくある程度のクオリティで撮れるようになってきたので。
使用するソフトは「WinJUPOS」というフリーソフト。
たぶん木星撮ってる方は普通に使っていると思うし、使い方もググればいくらでも
出てくるので詳細は割愛。
ちょっと気になった事。
個別にウェーブレットかけてからデローテーションしたほうがいいのか?、
デローテーションしてから一発でウェーブレットかけたほうがいいのか?
ネット上では「どちらでもあまり変わらない」的な意見が多く、後からウェーブレット
かけた方が簡単との事だったのでその順番でやってみる。
しかし、いくらやってもうまく出来ない。
もしかして、スタック後の像はボヤ~としてて模様を拾えないのではないのか?
何度やってもダメなので最初にウェーブレット処理する。
再度スタックする訳だから、少々荒れるくらい強め処理。
再びデローテーション。
おおっ! うまくいった。
予想通りノイズも低減した。
という訳で
ででん!
20180607hp
おお~! 
なかなかいい出来。
大赤班がギリギリ見えました。

« 今期最高更新! 木星 | トップページ | またまた「開封の儀」 HD編 »

惑星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのWinJUPOS:

« 今期最高更新! 木星 | トップページ | またまた「開封の儀」 HD編 »