2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月13日 (金)

ビクセン HAL三脚の巻 その2

HAL三脚の「ツノ」補修について書きましたが、そもそも「なんでこうなったの?」な話。
いろいろと思い当たる事が出てきたので整理してみます。

まず私個人の能力について。
一般人です(笑) 
以前は某自動車メーカーに勤めてました。
その後レース用の2輪車を整備するカスタムショップ、いわゆるチューニング屋で
エンジンをいじってました。
レーシングマシンなので走ったらそのたびにオーバーホールつまり全分解。
その時の社長の口癖。
「自分が締めたネジ以外は信用するな!」
「100回バラして100回組み上げてもネジを傷めてはいけない」
と、異常にネジ(本当はボルト?)にこだわる人でした。
おかげで今でもネジの緩みは許せない性格で、車も自転車もしょっちゅう点検
してます。自転車なんかアルミだったりカーボンだったりするので当然トルクレンチで。
もちろん望遠鏡もです。
このHAL三脚は約40本のネジ、ボルトが使われていますが緩んでませんか?
自分のは緩んでいません。なぜなら週に一度くらいは点検しているからです。
どういうわけか油断してると緩むんですよね~。
特に三脚の開き止めあたりとか。
そこまで念入りに確認しても、問題の「ツノ」はわずかに緩んでいる。
緩んでいるのを確認して、締め直して使うスタイルなので、前回使ったときに
緩むんだと思います。
今回このブログを書いて、いろいろと御意見をいただいたのですが、
まず「緩む人」と「緩まない人」がいる事。
赤道儀をがっちりと締め付けて固定しても左右の調整が「軽く動かせる人」と
「重くて動かせない人」がいるという事。
この差ってなんだろう???
ちなみに自分も「重くて動かせない人」です。
初めて触った時、こういう回転部分にはベアリングとか入ってて、スムーズに
動くんだろうな、という認識でしたがよくみりゃただ三脚の上に載ってるだけ。
「ああ、少し緩めるのね」とは気付きましたがとにかく重い。
力入れて調整ネジを回すと、ギュルギュルと金属が擦れる音が聞こえる。
そりゃツノに過大な力かかるよな~。


で、この話はちょっと置いといて。
揺れる。風とかピント調整で触った時とか。
とにかく揺れる。
シュミカセで倍率が高いからかとも思ったけど、とにかく異常に揺れる。

調べてみた。

左右調整ネジが動かせる程度に赤道儀固定ボルトをわずかに緩めてゆすってみる。
ん? ちょっと動いてないか?
手にカタカタと微細な振動を感じる。

たまたまiPhoneで動画を撮っていた。
ブログ用に撮ったものではなく、自分の備忘録的なものなので非常に短いです。
なにをやっているのか、見逃さないように先に説明しておきます。
「固定ボルトを極軸セッティングの時くらいにわずかに緩めた状態でゆすってみる」
「映像ではよく解からないけどカタカタと動いている」
「ボルトをガッチリと締める」
「三脚と赤道儀がくっついているのか? 紙を入れて確認してみる」
「前の方は密着しているようだが後方(映像手前のほう)は浮いている」
見やすいように赤道儀ではなくハーフピラーを載せています。

では、どうぞ。





どうやら三脚天面の水平が出ていないようだ。
分解して定盤(水平な板、エンジンのシリンダーヘッドの平面を見たりするのに
使います)に乗せてみるとたしかにおかしい。
耐水ペーパーで削ってみると、、、


Img_3296

削れたところが出っ張っていたところ。
でこぼこなのは悪いことではなくて、均一なものならば接触性が良くなって
歓迎すべきことなのだが、これはちょっといただけない。
一番削れている周辺の一部が大きく出っ張っていたという事。
なのでほかの部分が接触せず、隙間になっていたようです。
ひょっとしたら「やじろべえ状態」になってゆらゆら揺れていたのかも。
そしてこの状態こそ回転が重い原因ではないのか?

回転が重いから力入れて調整ネジを回す。
ツノに過大な力がかかる。
わずかに土台にめり込む
わずかに緩む
ネジ山破損
という流れではないのか?


Cimg05752
たしかに若干痕がついてるぞ。

水平が出て、おかしな振動がなくなったので気にしていなかったが、
今回ツノを直して水平微動を動かしてみたら、たしかにスムーズになった
ような気がする(笑)
ロッド的なものなのか、たまたまなのか解からないけど、今回素人が検証
出来た事実です。


あ~、一応書いときますが、決してビクセンをDisってる訳はでは無く、クレーム
を言ってる訳でもなく、自分的には「メーカーの目の届かないところはフォロー
して性能を発揮してもらう」という立場です。
昔からビクセン好きで今も大好き。これからもビクセン製品を買いたい!
と思っています。
ただ、こういう考えは最近天文ファンになったビギナーには酷だろうし、それゆえ
悪い評判が立ってほしくないのであえてブログ記事にしました。
検品というかツメをきちんとしてくれればすごくいい製品だと思います。

繰り返しになりますが、過去の仕事の話。
レーシングマシン(正式にはコンペディションマシン、競技車っていう事ね)は
仮組で届きます。
全て分解してバリ削って、組み立ててセッティングして、ようやく走れます。
そんなことをやってた人間だからこそここまでやっても「普通」と感じてしまい
ますが、一般人からみたら「ビョーキ」ですね。
「変態」の域にはまだまだですが(笑)


2018年7月12日 (木)

ビクセン HAL三脚の巻

三脚の天面に取り付ける水平支点(通称 ツノ)が折れた!
っと、よく見たら折れたのではなくて三脚側のアルミのネジ山がなめてしまった
ようだ。

Cimg0577

このツノは赤道儀の方位調整ツマミのつっかえ棒的なもので、ネジでこのツノを
押した反作用で赤道儀を回転させる構造のモノ。
このビクセンのHAL三脚ではツノをねじ込む位置を変えることによってGP系と
SX系の両方の赤道儀に対応させているのだが、そのためなのか強度的な問題が
でているようだ。
とあるSNSで話題になっていたんだけど、結構同じ症状の人は多いようで、使い方
というよりはやっぱり強度なんだろうな~。

実はこのトラブルが発生したのはかなり前だったのだが、ガタが出てからは方位調整
に関してはこの微動装置を使っていないのでクレームを入れるつもりも修理する
つもりもなかった。
どうやって極軸を合わせていたかって言うと、三脚ごと動かしてやれば全く問題なし。
たかだか数倍の極軸ファインダーなら余裕でど真ん中に入ります。
(電子極望くらいシビアだと解かりませんが)
でも天文ビギナーの方達の中には微動装置がないとセッティング出来ない!という
声も多いようで、まあ、本来そのための装置なので「無くてもいい」などという自分の
ような天邪鬼はメーカーのコストダウンに加担する悪の存在なのだろう。

という訳で改心して(笑)、安価に修理する方法を考えてみた。
初めに思いついたのはデブコンという金属パテ。
早速ググってみると、高っ!
即却下。

ネジでなんとかしよう。
まずは敵を知る事から。(敵じゃないけどね。)
Cimg0572


分解して裏から見てみる。
ネジ穴は貫通していない。
おまけに肉盛が薄いようで、ヘリサートやサイズアップのタッピングも無理そう。
貫通させてボルトを入れてしまえばいいかと思ったら三脚が干渉するようで
頭の低いボルトじゃないとダメっぽい。
いろいろと大変そうなので最後の手段に取っておこう。

正攻法でいく。
Cimg0579

純正ツノのネジ長を計ると7mmちょっと。

Cimg0581

Cimg0582


普通のネジをねじ込んで入った長さを計ってみると約13mm。
ということは奥の方に約6mmのネジ山が残っているということだ。

Cimg0580


こんなものを買ってきた。
一番左が高ナットとか長ナットとか呼ばれてる商品。6mm×30mm。
次がM6×50mmの寸切ボルト。
長いネジを買って、切って使おうと思っていたのだがめんどくさいのでたまたま
見つけたこのネジを使う。


Cimg0583

頭が無い寸切ネジなのでダブルナットにして締めこむ。
折ったりするとめんどうなので慎重に。

Cimg0584

おまじない程度に幅広のワッシャを入れる。


Cimg0585

ついでにスプリングワッシャも入れる。

Cimg0586

長ナットをねじ込む。

Cimg0587

平らな面が真横にくるように微調整して完了。
約¥300の出費也。

一応室内のテスト的には問題なし。
とりあえずしばらく使ってみます。




2018年7月10日 (火)

これはなんだ? ひょっとしてお宝?

怪しげなモノを入手した。

Cimg0567

Cimg0571


ちいさな双眼鏡のようなもの。
ものすごく昭和チックな感じがするのは私だけか(笑)

Cimg0568


2×20と書いてあるので2倍20mmということだろう。
正面を見ると、、、

Cimg0569

おおっ! KOWA  PROMINARの文字が!
レンズが曇ってたことが原因だろうか、ジャンクとして売られていた。

Cimg0570

分解して清掃してみたらそこそこ見えるようになったぞ。

最近はやりのWideBinoとかの前身みたいなものだろうか?
正直、そんなに良く見えるとも思えないし、視野も狭い。
近眼の人であれば眼鏡をかけたようなイメージか? ちょっとだけ
目が良くなったような感じがする、程度だ。
一体誰がターゲットなのか? あるいはプロトタイプ的なものなのか?
ググってもまったく出てこないし、もちろんメーカーサイトにも載ってない。
コーワはかなり古いメーカーなので、ひょっとして大昔の製品なのかも
しれない。


2018年7月 5日 (木)

ナローバンド撮影 練習編 その2

検証。


昨日撮ったカラーチャート。

07043990rsorgb

Img_4127

普通のカラーカメラで撮った写真と比較。

赤系はまあまあ。
イエローは写っていない。
緑、水色あたりは微妙だけどまあまあ。OⅢとはだいたいこのエリア
なのだろう。
青は全く写っていない。
あちこちググってみたら、ナローに加えてGを撮るという方法があるそうな。
通称「AGO合成」。
ということはOⅢをBに割り当てるのかな?

イメージとして星や星雲って青い感じがするんだけどどうなんだろ?
むしろBを撮ってOⅢはGでいいんじゃないのかな????

なんて机上の空論。
ベテランはAOOにSAOを足してRGBを混ぜるとか暗号のような処理をする
らしい。
撮る前から気が遠くなりそうに、、、(笑)



2018年7月 4日 (水)

ナローバンド撮影 練習編

ナローバンド用のフィルターを購入した。
とりあえずHαとOⅢ。
フィルターホイールにセットして、いざ!撮影!と思いきや外は雨。
さすが梅雨。
RGBは理論的にわかるけど、この2枚のフィルターでカラー化できるの???
という訳で室内でテスト撮影。
壁に貼ってあるテストチャートを撮影。
カメラはもちろんASI1600MMPro。


Ro_2


ステライメージに読み込んで、AOO式で合成。
カラーバランスを調整すると、、、


07043990rsorgb


おおっ! ちゃんとカラーになったぞ!
バランスがちょっと微妙だし、イエローとか濃い青が変だけど
一応見れる。
PSでもうちょっと調整の余地があるけどとりあえず成功。

早く晴れないかな~。
季節的に網でも撮ってみるかな。


2018年7月 2日 (月)

天文台にて

地元の「仙台市天文台」の望遠鏡を使わせて頂く機会がありました。
40cmのカセグレン望遠鏡。
実は今回で3回目。
1回目2回目共に曇りだったので、今回こそは晴れてほしいな~。

当日は朝から快晴!
気温も30℃オーバーで、梅雨最中とは思えないほどの真夏日。
が、夕方から急に曇り。おまけにカミナリが。
天気予報によれば「大気の状態が非常に不安定で、、、。」というおなじみの
フレーズ。
雨雲は急速に流れていき、晴れ間が出てきたけどこういう時はたいがいシーイング
悪いんだよな~。
天文台に行ってみると晴れ間があるものの高湿度のためしばし待機。
実は湿度が95%以上だと観察室が使えないというきまりなのだ。
待つこと1時間。湿度が90%程度まで下がったのでGO!
望遠鏡を木星に向けるも雲が、、、。
またしても待つ事約1時間。
雲の合間からちらちらと見えだす。
モニター見ながらピント合わせてみると、、、、。
う~~~ん、かなりメラメラ。シーイングなのか筒内気流なのかさえ解からず。
とりあえず撮影。
LRGBと一巡したところでなにやらアラートが鳴り響く!
どうやら湿度が再び95%を超えたらしい。
「あ~、あと80秒だけ待って~!」という事も出来ずコンピューター制御により
自動停止。そういう仕様なのだ。


という訳で撮影は1カットのみ

201806hp

(この望遠鏡で撮影した写真は右下のクレジットを入れるお約束です。)


モヤモヤで細部がまったく見えません(T_T)
次の機会に期待。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »