2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 職質対応マニュアル | トップページ | 月 »

2018年8月18日 (土)

網状星雲

月と惑星以外を撮ったのはいつ以来だろう???
もはやいろいろと忘れてるくらい撮ってない。
ナローバンド撮影機材をそろえてからは少なくとも4カ月くらい晴れてない(T_T)
GPV予想は曇り。
ふと外みたら、、、あれ?晴れてるぞ!
という訳でGo!
シュミカセで月見てみたらユラユラで×。惑星も期待できそうもないので急遽高速で
約50km走る。
やっとナローのテストが出来そう。
ちょうど天頂に来た網を狙う。
実はいろいろと画角を検討していたのだが、我が家にはちょうどいいレンズがない。
フォーサーズで1枚だと200mmくらいがいいのだが。
プロミナーで2分割で撮ってモザイク合成という手もあったのだがちょっと億劫。
ガイド鏡用にBorgの36EDというレンズ(いわゆるコボーグ)があるのだが、
これにフラットナーを入れるとなかなかイケるという情報があったのでさっそく
購入してみる。
ちなみにうちの望遠鏡のファインダーは8×50とか60mmの小望遠鏡とかが
付いているので36mmというのはとんでもなく小さい。
こんなんで写るんかいな?
とりあえず撮ってみる。
まずはHα。
モニター上でもなかなかいい感じだが、よく見ると結構大きくてかなりハミ出してる。
なんどか構図を調整しつつ撮影。じっくり撮りたいところだが、まずテストなので
3分、5分と10枚ほどで完了。
続いてOⅢ。
これはなかなか難物。かなり薄い。
とりあえず3分と6分にして10枚ほど撮影。
さっそくスタック処理。
フラットナーのせいなのかスケアリングのせいなのか片方の端だけ流れていて
星像いまいち。
かぶりの具合も違うのでなかなかうまく合成できん。
で、なんとかかんとか完成。
O3rgbhp
ASI1600MMPro  AOO合成。
カラーバランス等調整するが、とりあえずこれが精一杯。
徐々に勉強していきます、、、。

« 職質対応マニュアル | トップページ | 月 »

星雲、星団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網状星雲:

« 職質対応マニュアル | トップページ | 月 »

最近のトラックバック