2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 撮影機材の有料レンタルシステム | トップページ | 「虹の入り江」 »

2018年9月 1日 (土)

沼への入り口なのか?

雨が続くと機材の整備がはかどる(笑)

先日、網状星雲撮影に使ったBorgの36EDがなかなか良さそうなので
キチンと組み上げてみた。
パーツとして三脚座もあるしヘリコイドもある。
組立図を参照して組み上げると望遠レンズのような形に、、、。
何のことは無い、「望遠レンズセットⅡ」が完成した。

(せっかく三脚座を付けたのに赤道儀に載せられなくてわざわざアリガタ
を付けるという情けなさ、、、。)
Cimg0616

Cimg0617

ちなみにレンズと鏡筒の安いセットは3万ちょいで買え、ガイド筒などに
打ってつけなのだが、今回のようにヘリコイド等を備え、フラットナーまで
付けると8万ちかくなり、結構高価な物になってしまう。

しかし、ここまで揃うと55FLレンズがそのまま付くようなので、レデューサー
も一緒に購入すると200mmF3.6として使えるらしい。
この組み合わせて使うシステムこそがBorgの真骨頂なのだ!
あれっ、コレってもしかして沼にはまりはじめてる?(笑)

« 撮影機材の有料レンタルシステム | トップページ | 「虹の入り江」 »

機材」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ボーグ沼へようこそ!
見事なハマりかたです\(^o^)/

白猫さん>
コメントありがとうございます。
深入りせぬよう用心致します(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼への入り口なのか?:

« 撮影機材の有料レンタルシステム | トップページ | 「虹の入り江」 »

最近のトラックバック