2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 星を撮るってどういう事? | トップページ | ニューウェポン! »

2018年12月11日 (火)

2度目、46P/Wirtanen彗星

天気予報はずっと「微妙」。

GPVではなんとなく晴れというか、雲が切れてるゾーンが小さくあったので
ダメ元で出撃。
が、やはり雲、雲、雲。
一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 急いで極軸セット。
すぐ曇る。
また一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 急いで望遠鏡のアライメント。
すぐ曇る。
また一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 急いで彗星導入。
すぐ曇る。
また一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 撮る。
すぐ曇る。

近日点真近なのでものすごく速く動く。
60秒露光でも微妙にブレてるような気も。
数枚はスタックしたいので、なんとしても連続で撮りたいが ↑ のような
状況なのでなかなか撮れない。
明日からまた天気が悪くなりそうなのでなんとしても撮りたい。
粘って粘って4時間。とりあえず6コマは撮れた。
とりあえず良しとしよう。

46php

ずいぶんデカくなったな~。
というわけで前回(12/5)撮影の分と並べてみた。

46pps

デカい!
決してあぶり出し技術が向上した訳ではありません。

« 星を撮るってどういう事? | トップページ | ニューウェポン! »

彗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2度目、46P/Wirtanen彗星:

« 星を撮るってどういう事? | トップページ | ニューウェポン! »

最近のトラックバック