2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 貧者のRGB その2  M42編 | トップページ | もはや冬の気流か? »

2018年12月19日 (水)

三脚が欲しい!

以前にも書いたが、赤道儀が2台体制になったので同時運用するには
当然だが三脚がもう1脚必要。
定番のHAL三脚を購入か。(というかこれしかない)
と、よくよくメーカーHPを見てみたら新製品のカーボン三脚が出てる。
これか! と思うも重量物にカーボンってどうなの???
身近なカーボン製品は「しなう」イメージが強いのでなんとなく不安。
まあ、製品として出てるのだからそんなことは無いと思うけど。
あと、「軽い」らしいけど、自分は軽さに魅力を感じない。
三脚のパイプを分解して、中に砂を詰めたりするような人間だし(笑)

HAL三脚が実売価格約¥15000。カーボン三脚が実売価格約¥60000。
その差4倍、悩む。
と、なにげに天リフのNewsを見ていたところ、おもしろそうな広告を発見。

Photo

「強化型ステンレス三脚」 だと?
さっそテレスコープセンター アイベルのHPに飛ぶ。
実はこのアイベルは天文復帰の2013年、望遠鏡一式(GPD2赤道儀、C6等)
を購入する際にお世話になったショップなのだ。

肝心の三脚をよくよく見ると、、、
どうやらこれはスカイウォッチャー社の三脚を改造したものか?
価格は税込み約¥32000。HAL三脚の2倍だ。

実は自分はこういうサードパーティー製が大好きだ!
ビクセンの赤道儀にセレストロンのシュミカセ載せたり、
ニコンのカメラにシグマのレンズ付けたり、
ドスパラのBTOパソコン組んだり、
シマノコンポの自転車にフルクラムのホイール付けたり、
ヤマハのサックスにESMのマウスピース付けたり。
(後半はマニア向けな内容です、、、。)

一般的にサードパーティー製品は 「安い」 か 「性能がいい」 の
どちらかの場合が多い。
この製品は純正品よりも高い価格設定なので、かなり自信をもって
性能を推していることがうかがえる。

+アルファの価格ではるかに安定した強度を提供いたします。

と、堂々と謳ってるし。
まあ正直HAL三脚で強度不足を感じた事はないんだけど、おもしろそう
なので購入決定。
メールすると在庫ありとのことですぐ発送していただく。

Imgp0107

でで~ん!
さっそくゴツイのが届いた。

Imgp0108

ちなみに鬼門の「ツノ」はビクセン純正と思われる「丸形」です(笑)

Imgp0109

最初、「ゴツイ!」 と思ったけど、こうやって並べてみるとさほどでもない。
むしろHAL三脚のほうがゴツくないか?

というわけで2台運用体制ができあがりました。


※12/21追記  ↑のほうでビクセンのHAL三脚が実売価格¥15000と
          書きましたが¥25000の間違いでした。
          ¥15000はAL三脚でした。

« 貧者のRGB その2  M42編 | トップページ | もはや冬の気流か? »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三脚が欲しい!:

« 貧者のRGB その2  M42編 | トップページ | もはや冬の気流か? »

最近のトラックバック