2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« 「IC2177近辺」 | トップページ | ひょっとして大発明? スーパーオートガイダー 5 »

2018年12月26日 (水)

バックフォーカス考

Bf_1

画質が悪い。
というか、4隅が放射状に流れている。
↑はナローバンド撮影なのだが、フィルターのせいなのかな? くらいに
思っていた。
実は反射に使ってるコレクターレデューサーもプロミナー+レデューサーも
同じ症状が出ている。
トリミングして対処していたのだが、、、。

大変な勘違いをしていたようだ。
レデューサーやフラットナーのバックフォーカス。
補正レンズ(枠)の後端からセンサー面までの距離のことで設計上キチンと
決まっている。
当然ちゃんと合わせているのだが、この空間にフィルターを挟むと補正が
必要になるらしい。
ザックリ言うとフィルター厚の1/3。
今使ってるフィルターは実測でだいたい2mmちょっと。
メーカーのサイトを見たら2.1mmになっていたのでほぼピタリ。
この1/3というと0.7mm。
計算上、バックフォーカスが-0.7mmになるので+0.7mmのスペーサーを
噛ませる必要があるらしい。

スペーサーか~。
作るしかないのかな。
0.7mmのアルミ板があるようなので、これをくり貫いて削って、
とか考えてたけど、よく見たらZWOのASIカメラを買った時についてきた
用途不明のリングがあったのを見つけた。

Imgp0110

しかもいろいろな厚さのヤツが。
なんだ、これで調整するんじゃん。

く~! 痛恨のミス。

次からはちゃんと撮れるでしょう!

« 「IC2177近辺」 | トップページ | ひょっとして大発明? スーパーオートガイダー 5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いします。インフルで寝正月でした。
オヤジも、最近、同じような経験をしました。
FS60CB+フラットナー+Hα(12nm)を付けた時は、四隅の星の伸びには気が付かなかったのですが、
もう1本のFS60CB+マルチフラットナー+IRカットフィルタ。
フィルターを付けない時は、四隅も真ん丸だったのに、確り四隅は伸びてました。

具体的な厚さと補正する長さ、偶然ですが、0.6mm位、シム(0.1mmを6枚)を入れたら、綺麗な四隅になりました。
これ、メモして置かないと、また、四隅が伸びて・・・・(汗)

>オヤジさん
あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします<(_ _)>

あらら、インフルでしたか。自分は去年の正月寝込みました、、、。

自分はBorgで気付きました。ナロー撮影しようとフラットナーを購入して使ってみたら、、、あれっ、っていう感じでした。
とっかえひっかえやってるとミスりそうですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックフォーカス考:

« 「IC2177近辺」 | トップページ | ひょっとして大発明? スーパーオートガイダー 5 »

最近のトラックバック