2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 小さいアリガタが欲しい。 | トップページ | sh2-308 »

2019年1月28日 (月)

久しぶりに短時間多枚数撮影

いろいろと実験の為、短時間露光で大量に撮ってみる。

露光時間は10秒。
撮るはまたまた馬頭星雲。
レンズはプロミナー500。
カメラはASI1600MMPro。
10秒の露光ではものすごく薄くて 「コレ写ってるの?」 なレベル。
昔、M51をやっぱり10秒で2時間近く撮ったのに写ってる星が
少な過ぎてスタック出来なかった悪夢がよみがえる。
でもまあ、レベル調整してみると星はそこそこ写ってるので
大丈夫だろうと判断してスタート。
あいかわらずシーイング悪くて500mmなのに星が踊っている。
月が上がってくるまでの間、400コマほど撮影成功。
DSSのスタック設定をを80%にしてGo!

Photo_2

ヒストグラムの山が針のように細い。
まあ当然かな。

320stack2_2

薄いというかコントラストが低いというか。
レベルを上げるとノイズが浮いてきてこのくらいが限界。
次にダークファイルを入れる。
いわゆる「ダーク減算」ね。

D_2

おおっ! だいぶコントラストがついてきた。

と、ここでちょっとした違いに気付く。
「ヒストグラムの山が少し太くなっている。」

2

こちらがL画像のみ。


D2

こちらがダーク減算後。
ちょっと太くなってる。
なんでだろ???

ちなみにノイズの低減はこんな感じ。

320stack255

恒例の(笑)シマシマノイズが出てますね。

300d_sd55

こちらがダーク減算後。
CooLの時はどうにも消えなかったシマシマがPro
になったらダーク減算のみでほぼ解消してる。
やっぱりクールピクセルがすごく少なくなってるんですね。
と思うと同時に「ダーク減算は必須だなあ。」と痛感。
後の画像処理の限界がぜんぜん違う。

せっかくなのでいじり回して、前と同じくカラー画像と
LRGB合成して

ででん!!
300d_sdlrgb_sd3


本当は特殊なフラットを入れるとシマシマノイズが消えるらしい
という検証の予定だったのだけれど、ダークのみで
解消してしまったので検証できず、、、。

でも言ってしまうと 「やっぱり長時間露光のほうが良く写る。」
という印象。


« 小さいアリガタが欲しい。 | トップページ | sh2-308 »

星雲、星団」カテゴリの記事

コメント

ダーク減算一発でここまでキレイになるのはスゴいですね。
良い個体をお持ちのようで何よりです♪

『特殊なフラット』なる秘策にも興味津々です。今回は登場していませんが続報に期待しますね!

あぷらなーとさん>
フラットによるノイズ低減はSNSの天体写真グループで教えていただいたのですが、↑のようにノイズが出なくなってしまったので考察できません。
後日UPしますので解析お願いします<(_ _)>

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに短時間多枚数撮影:

« 小さいアリガタが欲しい。 | トップページ | sh2-308 »