2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 馬頭星雲 | トップページ | 久しぶりに短時間多枚数撮影 »

2019年1月22日 (火)

小さいアリガタが欲しい。

自分のシステムではだいたいの機材はアリガタで固定
するようになっている。
困ったことに、レンズやらガイド鏡やら撮影に応じて選択する
機材が多すぎてアリガタが足りない。
特に小径鏡用の小さいアリガタ。

現在はその都度アリガタを付け替えてセットしている。
正直めんどくさいし、いちいちネジ止めではワンタッチで
固定できるアリガタの恩恵を受けられない。
まあ、3本くらい買ってしまえば解決なんだけど、ここで
悪い虫が、、、。

「作ってしまうか。」
モノを作った事がある人ならわかるハズだが、ゼロから
モノを作るというのはかなり大変。
常識的に考えれば買った方がはるかに安くて高性能だ。

だが、そこに材料がある。機械もある、となるとついつい
手を出してしまうのがマニアというものだ。

とりあえず削ってみよう!
ミーリングマシンというボール盤の親玉みたいな機械に
セットして側面を削る。
市販のアリガタの角度は70度らしいのでヘッドを20度
傾けて削る。

Imgp0111
ドリルの側面にも刃がある「エンドミル」という工具で削る。


Imgp0112

両面を削ると、、、おおっ! ちょっとソレっぽいぞ。
が、ここからが大変。


Imgp0113

裏側をザクる。
軽量化とネジが収まるくぼみを作るため。
大量の削りカスが出る。


Imgp0114

15mm厚のアルミ板だったので10mm削る。
うわ~! 難し~。


Imgp0115

ネジを通す長穴を開ける。
最後にサラッとヤスリかけて終了。


で、
ジャ~ン!!

Imgp0116

Imgp0117

上は市販品(MoreBlue社製)
遠目で見るとなかなかいいんじゃない。
裏はかなり汚いけど、、、。


そして
ででん!!

Imgp0118
使用例。(一番左ね)
ボーグの36EDとASI1600MM with フィルターホイール。


作ったという実感はありますが、正直まったく割が合いません。
安いヤツだと2~3000円くらいなので間違いなく
買った方がいいです。
しかも本職の方が見たら笑っちゃうようなレベルだし。


でも、望遠レンズ用とガイド鏡用と、あと2つ必要なんだよな。
アルミ板はまだあるし、、、。
どうしよう(笑)



« 馬頭星雲 | トップページ | 久しぶりに短時間多枚数撮影 »

機材」カテゴリの記事

コメント

プロですか。?!!!!
ミーリングマシンって、手の出ない高値と思い、諦めてましたが、そこそこの値段で買えるのもあるんですね。
大失敗しました。
只の穴開けボール盤を買ってしまいました。(中華ですが)
動画を見たら、お手頃価格で、天体機材関係のパーツなら作れるものが多いのでビックリです。
いい勉強になりました。
買ってしまいそうです。(汗)

私もこれが欲しかったのですが、昔は高価で買えませんでした。
今はただのボール盤(中華製)を使って座グルしか方法が有りません。
今回は鏡筒バランサーを製作する為、一応12mmφのエンドミルと穴開け加工専用の6.2mmφショートビットと組み合わせて加工しようと思います。
でも新規にドリル刃をそろえた為に工具代¥6000+材料費¥2000、既製品のアリ型プレート¥5000也。
でも自作するより既製品を買った方が¥4000程安く手に入ります。

オヤジさん>
コレに限らず工作機械はおもしろいですね。
無駄にいろいろと削ってしまいます(笑)

本職はCNC(PC制御)が主流みたいで、古い旋盤やフライスが10万代でたくさん売ってるようです。かなり大きいですが(200kgとか)
置き場所があればほしいところですが、無理ですよね~。

TRAGONXさん>
はじめまして。コメントありがとうございます。
今は 自作 = 安い は通用しませんね~。
メーカーはどうやって利益だしてんだろ? と思うほど安い!

ちなみに自分はエンドミル等は全てヤフオクで安く買いました。
なぜかたまにとんでもない値段で売ってます(20本で1000円とか)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さいアリガタが欲しい。:

« 馬頭星雲 | トップページ | 久しぶりに短時間多枚数撮影 »