2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 金メッキ鏡による月撮影 | トップページ | 茨城訪問記 2 プラネタリウム編 »

2019年4月 2日 (火)

茨城訪問記 1

ず~~と前から、そう10年にもなるかな~。
常磐道の高萩あたりから見える2基の巨大なパラボラ
アンテナ風な構造物。
いつもただ通り過ぎるだけだったのですが、たまたま
ちょっと時間ができたので高速を降りて行ってみました。

Ll1

デカい! 
その大きさから「電波望遠鏡」なのだろうとは想像して
いて、まあ間違ってはいなかったのですが、そもそもは
通信用のアンテナだったらしい。

なんでも元はKDDIの施設で、その昔J.F.ケネディ大統領の
暗殺事件なんかを中継したそうな。
驚くなかれ、50年以上も前のことだ。

時代の流れで不要になったのか、国立天文台が譲り受け
電波望遠鏡に改造されて有効利用されているらしい。
それもわりと最近の話で、ここ10年くらいの事だそうだ。
現在は茨城大学理学部が運用とのこと。

敷地はかなり広い公園(?)になっていて、当日は
桜祭り初日だったようだけど、まだ開花しておらず
自分を含めても3~4人くらいしか居なくて写真撮る
には絶好の好条件でした。

Ll3

ちなみに全部で2基あります。
1基が高萩市、もう1基は日立市とまたがって設置
されているそうです。

Ll2

近づいてみるとスペック表あり。
反射鏡の直径は32m(鏡っていう扱いなんだ)
しかも「カセグレン式」かい。
風速33mでも運用できるという優れもの。

行って見てみないと解らないもんだな~


« 金メッキ鏡による月撮影 | トップページ | 茨城訪問記 2 プラネタリウム編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金メッキ鏡による月撮影 | トップページ | 茨城訪問記 2 プラネタリウム編 »