2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 天体写真撮影用の最適パソコンとは? (月、惑星編) | トップページ | 適正なオフセットについて »

2019年6月 1日 (土)

プラネタリウム鑑賞記 「パレット大崎編」


ちょっと前の「天文ガイド」の裏表紙の五藤光学の広告に
出ていた同社の新型プラネタリウム「ケイロンⅡ」。

なんと県内の施設で運用されているという事が解ったので
行ってみた。
というか、仕事で近くに行く用事があったのだが、早めに
仕事が完了したので「これはチャンス!」と。

Img_4852

場所は宮城県大崎市古川の「大崎生涯学習センター」
通称「パレット大崎」。
到着してみると驚くほど人が少ない、というか誰もいない。
ちなみにプラネタリウムは土日しか上映していない。
土曜だったから、かな~?
不安になるほど誰もいない(笑)

で、30分前くらいになったら係の人が来てチケット販売。
あわせて数人の観客も来たので安心。

上演時間まで展示物を見て回る。
おそらく地元天文クラブによる写真や解説に加えて隕石の
展示も。

Img_4849

併設されている天文台は見れなかったけど廊下には
無造作に赤道儀が置いてある。

Img_4848

そして以前使われていたプラネタリウム「ヘリオス」
が展示してある。
こういうのって下取りとかじゃないんだね。
このまま死蔵なのかな? 

Img_4846

さて、いよいよ上映。
観客約10人。

今まで、数カ所のプラネタリウムを見てきたけど、それぞれ
目的というか見せ方が全然違う。
ここはかなり「教育目的」というか「おもしろい授業」的
な演出。
解説が、たぶん元地元学校の先生だからかもしれないし、
そういう大義名分で予算取るんだろうな~と大人の邪推。

地元紹介~おもしろ授業の次は濃厚な投影。
なんでも1億個以上の星が映せるというこの「ケイロンⅡ」
だが、「実は半分ずつしか映せないから半分なんです」との事。
そりゃもっともだ。
そんな訳で、せっかくだからとグルグル回しながら全天を投影。
この「ケイロンⅡ」、天の川や星雲の模写がかなり良くなっている。
天の川全景や大小マゼラン雲は圧巻。
以前見た「メガスター」とはアプローチこそ違うが、
「絶対意識してるだろ」と思わせる映像。
さすがメーカーの意地だな~。

ちなみにここも以前紹介した「日立シビックセンター」
同じく傾斜型のドーム&座席。

Img_4851

ひょっとして最近はこういう形が主流なのかな?





« 天体写真撮影用の最適パソコンとは? (月、惑星編) | トップページ | 適正なオフセットについて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天体写真撮影用の最適パソコンとは? (月、惑星編) | トップページ | 適正なオフセットについて »