2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 適正なオフセットについて 2 | トップページ | 「月」 & 「土星」 »

2019年6月 6日 (木)

適正なオフセットについて 3

しつこくオフセットの話。

せっかくなのでASI183MMも試してみた。
ASCOMによるとゲイン0だとオフセットは10。
ユニティゲインの111だとオフセットは10。えっ?
最大の270だとオフセットは10。ええって???

よくわからないが、とりあえずゲイン350、
オフセット10で撮ってみた。

18327010

う~ん、まったく解らないが10でぜんぜん問題ないみたい。

ほかのカメラはすべてゲインを上げると適正オフセットも
上がってくるんだけど、この183だけ10のまま???

一つ気が付いたのは、このカメラ、ノイズが非常に少ない。
数枚もスタックすると本当にスベスベになる。
そういうのも関係あるのかな?
訳解らなくなったので検証はこれにて終了。

とりあえずハイゲインのオフセット値は把握できたので
実践投入です。

あっ、次の新月期はもう梅雨かな?







« 適正なオフセットについて 2 | トップページ | 「月」 & 「土星」 »

機材」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
オフセットの件、とても興味深いです。
私はSharpCapのデフォルトのままですが、やはりオフセット値を上げた方が良いのでしょうか。
同じ183MMですが、デフォルト値でも特に不具合を感じたことは(気づいたことは)ありませんでした。
カメラ毎の適切なオフセット値を、メーカーが提示してくれると助かりますね。

こんにちは。
ZWOのカメラだと、ASCOM経由だと自動的にセットしてくれますが、アナログゲインの最高値「270」(183の場合)を超えて使う場合はネイティブセッティングする必要があるのですが、(カメラの項目でASCOMではなくてZWO Cameraを選択する)その場合オフセットも手動でセットする必要があるのです。183の場合は今回のテストではデフォルト値のままでよさそうですね(ゲイン350 75%の場合)
1600とかの場合だと上げる必要があります。
通常の撮影だとあまり影響ないようですが、多枚数をスタックする場合は差が出てくるようです。(一見ぜんぜん写ってないようなのに何百枚もスタックしたら浮かび上がってきた、というヤツです)
オフセットが低いと暗い部分をカットしてしまうのです。

「オフセットが低いと暗い部分をカットしてしまうのです」←え~、そうだったんですか。。
逆だと思ってました(恥)
オフセットに関する記事をあまり目にすることが無かったので、これらの検証は冷却CMOSユーザーには貴重だと思います!

オフセットの概念については「星ナビ」2019/4月号でUTOさんが説明されていますのでぜひバックナンバーでどうぞ!
ASI1600が発売されたときにはASCOMドライバーが無く、オフセットいくつにすればいいの~?とあちこちで話題になりました。
そもそもゲインはどれくらいがベストなのか?とか未だにあやふやですが、、、(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 適正なオフセットについて 2 | トップページ | 「月」 & 「土星」 »