2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« C/2017 T2 パンスターズ彗星 | トップページ | NGC7293 らせん星雲 »

2019年10月31日 (木)

ファーストライトは「M31」で

7月に中古で入手したD810A。
ようやく使う機会が訪れました。

さて何を撮ろうか?
ステラナビゲーターとにらめっこしながら考えるが、
「やっぱりM31だな~!」と、あっさり決定。
M31、言わずと知れたアンドロメダ大銀河(昔は大星雲って
言ってたんだよ)です。

10月末にしては妙に気温が高く、湿度も高いせいか
透明度が悪く、しかも街明かりの散乱が大きくて空が
明るい、、、。
セッティングしてる間にもう結露してるし。

導入が完了するとちょっと問題が。
この時期、M31は見事に真上。天頂にあります。
撮影条件はいいもののファインダーが覗けない(T_T)
このところCMOSカメラでPC画面での操作ばかりだったので
参りました。
どうにもならないので近くの星でピントを合わせた後、
自動導入の精度を信じてそのまま撮影。
(実はちょっとズレていたので処理過程でトリミング調整)

でで~ん!
M31_sd

D810A (iso3200) プロミナー500(TX07) SX2+M-gen(kowa75mm)
30s×10コマ + 150s×10コマ フラット10コマ
DSS SI7 PS
(個人的趣味でこの向きが好きなので北右です)

さすが天体カメラ、iso3200なのにノイズ少ないですね~。
いままで使っていたD5300はiso1600あたりが限界なので
高感度での撮影はラクですね。もうちょっと上げても大丈夫かな?



« C/2017 T2 パンスターズ彗星 | トップページ | NGC7293 らせん星雲 »

星雲、星団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« C/2017 T2 パンスターズ彗星 | トップページ | NGC7293 らせん星雲 »