2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« スカイメモRSパワーアップ大作戦 Polenavigator再びの巻 | トップページ | スカイメモRSパワーアップ大作戦 追尾精度測定編 »

2019年12月21日 (土)

スカイメモRSパワーアップ大作戦 オートガイダーの巻

旧式のスカイメモRSにはオートガイド端子が無いため、オートガイダー
の接続には一工夫必要。
あちこちググってみると、どうやらフォトモスリレーという部品を
使って制御回路を作る必要があるらしい。
部品は安いようだし回路も簡単なのだが、配線、専用コネクタ、パッケージング
といったいわゆる「製品化」はなかなか大変。
ましてや「小さく」「カッコ良く」作るのはセンス&器用さが問われるのだ。
そんな時、大人は「金」で解決を図る!(笑)
ヤフオクで制作&販売している方がいたのでさっそく依頼。
学生諸君は勉強のために自分で作れよ。

数日で品物が届く。
とりあえず仮組立。

Img_5628

サイドの黒いボックスがリレーユニット。素晴らしく小型でスマート。
ガイダーはM-genでもよかったのだが、とりあえずPHD2で使えるカメラをセット。
電子極望のレンズを50mmに交換して(現在は35mm)セッティング後に
そのままガイドカメラとして使えればカメラが1台減る。
ASI290+50mmでどれくらいの精度がでるんだろう??
500mmくらいまでのガイドなら余裕な気もするけど、どうもこの手の計算は複雑で
単純にはいかない。
一説によればシーイングやエアリーディスクも考慮して、余裕を持たせるとか
ガイダーがピクセルを超えた計算をしているとか、さっぱりわからん(笑)
実写したほうが手っ取り早いか。

というか、ポータブル赤道儀としては如何なものか? というほど大型化複雑化
してきたぞ。






« スカイメモRSパワーアップ大作戦 Polenavigator再びの巻 | トップページ | スカイメモRSパワーアップ大作戦 追尾精度測定編 »

機材」カテゴリの記事

コメント

おお,こんな便利なものが販売されているのですね。最近はスカイメモの稼働率がピカイチですし,私も購入しようかな。
いつも有用な情報をありがとうございます

こんにちは。
高性能なスカイメモですが長焦点長時間のオートガイドがどの程度効果が
あるか、試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スカイメモRSパワーアップ大作戦 Polenavigator再びの巻 | トップページ | スカイメモRSパワーアップ大作戦 追尾精度測定編 »