2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 「スカイメモ T」 運用開始 | トップページ | 実戦 「D810A+シグマ14mmF1.8 on スカイメモT」 »

2020年7月25日 (土)

新機材投入 広角レンズ編

ネオワイズ彗星にかかりっきりだったので順番が
前後してしまったけど、「新機材」の話。


以前にも書いたけど、当地では天の川が撮れる機会は
非常に少ない。
毎年狙っているのだけれど、ほぼ1回/年という限られた
チャンス。

今年も先月に一度撮れただけ。
しかも透明度が悪く、申し訳程度の画像。

「年に一度の天の川」

で、以前からちょいと気になっていた事が。
我が家の最広角レンズ、「サムヤン14mmF2.8」だが
片ボケというか1方向だけ激しく星像が流れる。
いままでAPS-Cだったのだけれどフルサイズにしたら
当然ながら非常に目立つようになった。
なんでもこのレンズ、当たり外れが大きいそうで自分のは
あきらかにハズレ玉。
まあ、値段相応なので文句もないけど。
しかし、せっかく撮るのだから綺麗に撮りたいと思うのが
心情なのだが、新レンズに投資するのは非常に迷う。
先に書いたようにこの手のレンズを使うのはほぼ年に一度。
そこに金かけるか?
安くていいレンズがあればな~。

と言う訳で一応ググってみる。

まず同じレンズを買う作戦。
当たればお得だが、かなりのバクチ。
メーカーサイト見たら新型の14mmF2.4というのも出てた。
こちらは結構評判が良く、星に使ってる人もいるみたい。
買うならこちらだが、値段がちょっと高いかな。

星景派の先輩方が使っているレンズを見ると、どうやら
「シグマ14mm」「タムロン15-30mm」が多数を占める様。
調べてビックリ! ぶっ飛びの価格。特にシグマ。
とりあえずシグマは無しだな。
とはいえタムロンも決して安い訳ではない。
さて、どうしたものか。
サムヤンの新型が唯一の候補か?

と、意外な情報が飛び込んできた。
某カメラ店に中古品が入ったという。
オークション等ではなくちゃんとしたカメラショップである。
金額を確認すると、なんとサムヤンレンズとほぼ同じ。
しかも保障も付くという。
迷った末、口から出た言葉は「カードで。」だった(笑)

そして新しい中古レンズ(変な表現)が我が家にやって来た。
Dsc_2367
正式名称 シグマ14mmF1.8DG HSM。
50mmに続いて2本目のArtレンズだ。
「求めよさらば与えられん」

さて、肝心の写りは?
近いうち、つづく予定。


« 「スカイメモ T」 運用開始 | トップページ | 実戦 「D810A+シグマ14mmF1.8 on スカイメモT」 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「スカイメモ T」 運用開始 | トップページ | 実戦 「D810A+シグマ14mmF1.8 on スカイメモT」 »