2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 実戦 「D810A+シグマ14mmF1.8 on スカイメモT」 | トップページ | 天の川を追え! »

2020年8月12日 (水)

思ひで 「ペルセウス座流星群」

いつ頃だったかな~?
ざっと思い出すと1977年か78年あたりだったかな?
初めて行った天文部の観測合宿。
夏休みを利用した3日間の行程。

そもそもそれまでは街中にある家からの撮影がすべてで、
対象は月、太陽あたりがメイン。
惑星はあまりよく写らなかったな~。
あとは近所の公園で35mmと50mmで星野写真とか。

1時間以上もかけて山へ行く事自体初めての経験。
流星観測など初の初。
自分は写真担当だったので、先輩にレクチャーを受け
トライXを山ほど渡されて準備完了。
当時自分が使っていたのはペンタックスMX。
写真係は4人だったかな?
明るいレンズということで、広角ではなく全員で
50mmを使った。

日が暮れるとそこには白くモヤ~っとした雲が。
ぜんぜん雲が晴れず、露光をためらっていると、
「あれは天の川だ。」と先輩から激が。
初めて見る満天の星空は、晴天なのか曇天なのか
見分けがつかないほどの数の星だったのだ。

暗くなるとすぐに流星が見え始めた。
たまにシュっと飛ぶと歓声があがる。
時間と等級を記録する声が聞こえるが自分は写真に
集中だ。

この様子は22時あたりを過ぎた頃に一変する。
飛ぶ!
次々飛ぶ!
記録係が書ききれないほど飛ぶ!
痕が残る。消える前にまた飛ぶ!
写真にもバッチリ納まる。
フィルムチェンジの時間も惜しいほどだ。
今となっては記憶も曖昧だけど、概ね22時~26時
くらいがピークだったような。

後からの集計で、結局この日は600個くらい観測された。
翌日も300個ほど飛んで、トータルで950個ほどだった。
写真も数十枚撮れた。
ちなみに3日目は曇り。

それ以来、これほどの「流星雨」といってもいいほどの
流星群は見たことが無い。

ちなみにこの話は誰に言っても信じてもらえない。
あの時のメンバーを除いては。
スゴかったな~。


« 実戦 「D810A+シグマ14mmF1.8 on スカイメモT」 | トップページ | 天の川を追え! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実戦 「D810A+シグマ14mmF1.8 on スカイメモT」 | トップページ | 天の川を追え! »