2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月30日 (月)

モクモク 「M45」

今が旬のスバルこと「M45」。

ほぼ天頂に居て、ポータブル赤道儀+D810Aの
組合せだとフレーミングが地獄です(笑)
三脚蹴飛ばしたり、カメラに頭ぶつけたりで
極軸を合わせ直すこと数回、、、。

M45hp
D810A Askar FMA180(絞り環入り)
スカイメモRSにてガイド
5分×10枚 ステライメージ7 フォトショップ PixInsight
思いっきり炙ってモクモクを強調してみました。

気温が高くて透明度イマイチ。
結露も強烈で、ヒーターが必須ですね。


※ 追記 (12/2)
BooKuuさんよりリクエストがありましたので
処理前の画像を載せておきます。
M45_20201202194001








2020年11月20日 (金)

「Askar FMA180」 その3

先日購入した「AskarFMA180」。
何度か条件を変えて撮ってみたけれど、どうも
気に入らない。
青ハロが目立つのだ。
ピント位置の関係もあるのだろうけど、
とにかく目立つ。
180mmF4.5でフルサイズ対応というところに
少々無理があるのか?

という訳で、こんな時の定石。
少し絞ってみた。

Imgp0224
Imgp0223
こんな感じ。
ちょうどいいリングがなかったので、ZWOのカメラに
付いてきた接眼スリーブに42-48のアダプタを付けて
対物のフードにねじ込んでみた。

Imgp0222
コレね。
スリーブの内側は実測で27.5mm。
計算すると約F6.5相当。
ちょっと暗い気もするけど、1段絞ったと思えば
そんなもんでしょう。

で、さっそく試写。
時間が早くて高度イマイチだけどアトラス彗星を
撮ってみた。
2fa
おー! グッとシャープになったぞ。
2分×5枚でうっすらエンゼルフィッシュも
写ってる。

続いてM42近辺。
M42fa
なんかめちゃくちゃ写ってない?

実はこの時点でオリオン座はこの位置。
(流星狙いの連続広角撮影フレームから)
Dsc_1713
気温が高い為か、下の方がモヤっている。
そのせいで多少星像がフワッとしてるけど
ほぼ満足できる画質。
そして特筆すべきは「フルサイズ」という事。

通常、このレンジだとカメラレンズを使うんだけど
収差や周辺減光の関係で少し絞って撮るのが常。
そうするとどうしても星像がトゲトゲに
なっちゃうんだよね~。
(開放で使える高いレンズを使え!というツッコミ
は無しでお願いします)
なので、この「望遠鏡」スタイルの弄れるレンズは
非常に貴重。
今まで同じ理由でボーグの36EDを使ってたけど、
去年D810Aを購入したのをきっかけに、この
FMA180の発売を心待ちにしてました。

絞り環、もうちょっと大きくてもイケそうな
感じなので徐々に試してみます。



2020年11月18日 (水)

赤と青

秋の定番(かな?)
赤いカリフォルニア星雲~青いプレアデス星団。

中古、一万円で購入したレンズで撮影してみました。
シグマDGマクロ105mmF2.8。
以前ネオワイズ彗星を撮るのに一度使ったけど、
その時は薄雲越しだったのでいまいち評価できず。
あまり使わない焦点距離だったけどステラナビゲーター
を眺めながらこのエリアに決定。

M45_sd
D810A 5分×7枚 スカイメモRSにてガイド

フードを忘れたためか変なカブリが出たので
強度の炙りは無しです。
絞ると星がトゲトゲになったり、4スミが
わずかに流れたりとパーフェクトではないですが
値段の割になかなかいいんじゃないかな。

等倍切り出しだと
M45_sd_qc
ほんのわずかに青ハロが出てるけど特に問題なし。
安心して使えますね。
ちなみにマクロレンズなので∞付近のピント操作は
超シビアです(笑)

2020年11月13日 (金)

C/2020 M3 アトラス彗星 

アトラス彗星が明るくなってきたとの事で
狙ってみました。
オリオン座の真ん中あたりに居るので
ちょっと遅い時間にならないと上がって
きません。

早めに準備が完了したので時間つぶしに
M45撮ったり、さらに高度が低い水平線
スレスレのM42撮ったりしてたらPCの
バッテリーが微妙。
高度イマイチだったけど(約28°)あわてて
撮影。

1112
導入した途端、ソレと解る彗星らしい姿
だったけどちょっと小さい。
レデューサー入れてたからさらに小さい。
もうちょっと大きくなってから再撮影ですね。

BKP200+レデューサー(×0.73)
ASI294MCPro 10秒×30コマ

ちょっと移動してるけどあえて恒星基準でスタック
しました。



2020年11月 2日 (月)

「網状星雲」 卒業制作

またしても網状星雲。
今回はトラブルもなく、思いっきり撮れました。
ちょっと時季外れの感はあるけど、実はまだまだ
天頂付近にあって好条件。
首は痛くなるけどね(笑)

Amihp_20201102213201
ASI1600MM シグマAPOマクロ180mmF3.5→4
Hα 360s×11
OⅢ 360s×14

なぜかPixInsightでダーク補正が上手くいかずDSSで
スタック。
その後PixInsight、PSを行ったり来たり。
なんか赤いモヤモヤがあるけど、Hα帯なのか
カブリなのか解らないのでそのままにしてます。

とりあえずこんなもんかな~?
仕上げがちょっと気に入らないけど、網ばかり
撮ってもいられないのでこれにて卒業ということで。

これからは秋~冬の空ですね。



« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »