2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 赤と青 | トップページ | モクモク 「M45」 »

2020年11月20日 (金)

「Askar FMA180」 その3

先日購入した「AskarFMA180」。
何度か条件を変えて撮ってみたけれど、どうも
気に入らない。
青ハロが目立つのだ。
ピント位置の関係もあるのだろうけど、
とにかく目立つ。
180mmF4.5でフルサイズ対応というところに
少々無理があるのか?

という訳で、こんな時の定石。
少し絞ってみた。

Imgp0224
Imgp0223
こんな感じ。
ちょうどいいリングがなかったので、ZWOのカメラに
付いてきた接眼スリーブに42-48のアダプタを付けて
対物のフードにねじ込んでみた。

Imgp0222
コレね。
スリーブの内側は実測で27.5mm。
計算すると約F6.5相当。
ちょっと暗い気もするけど、1段絞ったと思えば
そんなもんでしょう。

で、さっそく試写。
時間が早くて高度イマイチだけどアトラス彗星を
撮ってみた。
2fa
おー! グッとシャープになったぞ。
2分×5枚でうっすらエンゼルフィッシュも
写ってる。

続いてM42近辺。
M42fa
なんかめちゃくちゃ写ってない?

実はこの時点でオリオン座はこの位置。
(流星狙いの連続広角撮影フレームから)
Dsc_1713
気温が高い為か、下の方がモヤっている。
そのせいで多少星像がフワッとしてるけど
ほぼ満足できる画質。
そして特筆すべきは「フルサイズ」という事。

通常、このレンジだとカメラレンズを使うんだけど
収差や周辺減光の関係で少し絞って撮るのが常。
そうするとどうしても星像がトゲトゲに
なっちゃうんだよね~。
(開放で使える高いレンズを使え!というツッコミ
は無しでお願いします)
なので、この「望遠鏡」スタイルの弄れるレンズは
非常に貴重。
今まで同じ理由でボーグの36EDを使ってたけど、
去年D810Aを購入したのをきっかけに、この
FMA180の発売を心待ちにしてました。

絞り環、もうちょっと大きくてもイケそうな
感じなので徐々に試してみます。



« 赤と青 | トップページ | モクモク 「M45」 »

星雲、星団」カテゴリの記事

機材」カテゴリの記事

彗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤と青 | トップページ | モクモク 「M45」 »