2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ついに最低ISOでの撮影 「IC2177」 | トップページ | 帰ってきたM-gen »

2021年2月19日 (金)

爆速! StarNet++

ちょっと前の話題ですが、処理に時間がかかる「StarNet++」
を高速に処理するワザが紹介されていました。
個人的にはStarNetはあまり使わなかったので試すこともなく
今に至っていましたが、せっかく高価な(笑)グラボを積んで
いるのでやってみました。

Img_6333

紹介されているのはこちらのサイト

ざっくり言うとCUDAという技術を使ってGPUに処理させる
というもの by  NVIDIA製の対応グラボ。

現在はStride128でD810Aの画像を処理すると気が遠くなるほど
時間がかかります。
PC素人なので詳細は解りませんが、↑ のサイトの説明のとおりに
セットアップしてみると、、、。

StarNetを動作させてみると10秒ほど変化無し。
「なんだ、動かないじゃん。」と思った瞬間驚きの速度で処理進行。
わずか20秒ちょいで完了。 速い!

Photo_20210219183601
CPUとGPUで並列処理みたいな感じだったけど、CPU使用率は
60%から7%に低下。
が、よく見るとGPUも7%になっている。
恐るべしGPU。
(ちなみにGPUとはGraphicProcessingUnitの略で画像専用の
プロセッサーで、3Dゲーム等高速描画のための部品です。)

StarNetはPixinsightからの起動ですが、ネットの情報によると
単体からの起動でもちゃんと高速動作するようです。
対応グラボ持ってる方は試す価値ありだと思います。


 

 

« ついに最低ISOでの撮影 「IC2177」 | トップページ | 帰ってきたM-gen »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついに最低ISOでの撮影 「IC2177」 | トップページ | 帰ってきたM-gen »