2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

星雲、星団

2020年4月 2日 (木)

NGC4565

エッジオンといえばこれ。「NGC4565」

Ngc4565_sd
BKP200+レデューサー(約580mm)
ASI294MCPro(-15℃) 60s×10コマ

一部では「方位磁針銀河」と呼ばれているそうな。
そういわれてみれば、たしかに。

それにしてもいまいち色乗りが悪いな~。
ゲインとかの問題なのか画像処理の問題なのか?
はたまたそういう領域なのか?
次は色の濃いところを撮ってみよう。




2020年3月28日 (土)

「M81 M82」


おおぐま座のM81とM82。

透明度のせいなのかカメラのセッティングのせいなのか
いまいち色が出てません。
それからシーイングの関係か、星がボテっとしてます。
まあ、不満点は多いけどお手軽撮影としてはこんなもんでしょ。

8182_hp

BKP200+レデューサー(約580mm)
ASI294MCPro(-15℃)
60秒×10コマ





2020年3月25日 (水)

「M3」

M3です。
球状星団は難しい。
どうやっても上手く仕上がらないです。

まず星のツブツブが小さくならない。
周りの暗い星がうまく写らない。
結果、ボテっとした像になってしまう。
そもそもシーイングが悪いのもあるんだけど。
もっと短時間で枚数稼げばいいのかな???

とりあえずこんな感じ
M3

う~~~ん。
精進します。



2020年3月24日 (火)

M101近辺

回転花火銀河ことM101です。
ゲイン上げて電視状態で導入したところしたのほうになにやら
小さいモヤモヤが写っていたので同視野に収めてみました。

あとから調べたところ「NGC5474」らしいです。

101_sd
BKP200+レデューサー(約580mm) ASI294MCPro
ゲイン240 60s×10コマ

だんだん暖かくなってきたので透明度が落ちてきました。
低空は全くダメですね。
まあ、晴れるだけマシかな。


2020年3月23日 (月)

M51

言わずと知れたりょうけん座の子持ち銀河です。
いつもシュミカセで超アップを狙っていましたが、好シーイング
に巡り合えずなかなかシャキッとした像が撮れません。
と言う訳でもないですが彗星撮った流れで同じセッティング
同じ露光時間で撮ってみました。

M51

BKP200+Accermanレデューサー(約580mm)
ASI294MCPro(-15℃)
60s×10コマ

ちょっと小さいけど煌びやかでいいですね。
よく見ると小さい銀河が多数写っているようです。

2020年3月13日 (金)

マルカリアンチェーン

久しぶりに快晴。
が、月が大きい。
いろいろテストしたいものもあるのでとりあえず出撃。
チェックがてらマルカリアンチェーンを撮影。
月が上がってくるまで30分程度しか無いのでさっさと撮る。
高度20°ちょっとしかないので星もまったく見えず。
カブリが激しくてiso3200 60秒が限界。
8枚コンポジットしてこれくらい

Photo_20200313201201
D810A プロミナー500+TX07(350mm)

小さ~! しかも写りもいまいち。
500mmで横構図のほうがいいかな?

2020年3月 5日 (木)

トラペジウム 再び。

再挑戦です。
あいかわらずシーイングは激悪。
オリオンは西に傾き、しかも薄曇りで近くには月が、、、、。
条件としては最悪に近いです。

モノクロカメラに赤外フィルターという計画でしたが、フィルターを
ホイールごと忘れてくるという大失態。
結局カラーカメラで挑戦。

C9.25の筒内気流抑制装置をON。
ASI290MCのゲインを上げて、なるべく速いシャッターを切る。
サチらないようにヒストグラム凝視。
3500フレームの15%をオートスタッカートにて選別、スタック。
Registaxで弱めにウェーブレット。
PSで明るさ調整。

Photo_20200305214201

前回よりいいけど、かなりボケボケ。
それでもABCDに加え、EFまでかろうじて写りました。
冬の悪気流ではこのあたりが限界かな~。
チャンスがあれば次こそモノクロカメラで挑戦したい。



2020年2月27日 (木)

トラペジウム

一部でトラペジウムを撮るのが流行っているようなので
チャレンジしてみました。

が、猛烈にシーイング悪い、、、。
ユラユラでピントが合う感じがまったく無い(笑)
露出の加減もいまいち解らないのでとりあえず1秒。

Torape

う~~~ん。
まずは露出オーバー。ものすごく明るいんですね。
でも切り詰めると暗い星が写らないし、、。
スタック枚数を増やしてみればいいのかな?

とりあえず次回の課題。
急がないとシーズンが終わるぞ。



2019年12月 4日 (水)

オリオンの季節がやってきました。

12月に入ったというのに気温が高いです。
おかげで空気が淀んで、透明度最悪。
その最悪条件の中、上がってきたばかりの低空のオリオンを
狙ってみました。
なぜって、この辺しか晴れてなかったんだもの。

M421204

う~~~ん、やっぱりイマイチ。
月も大きくなってきたので、次回リベンジですね。

D5300 Borg36EG スカイメモRS




2019年11月22日 (金)

「M33」

3年ぶりくらいかな~、M33撮るの。
久しぶりだから張り切って撮ろう! という思いがカラ周りしたのか
初っ端からミス連発。

まずはオートガイダー(M-gen)を忘れた。
正確には固定するためのアリガタプレートを忘れてきたのだ。
実はうちの望遠鏡は筒によってガイダーの取り付け方が違う。
アルカスイスだったりビクセン式だったり。
今回使ったBKP200はファインダー台座に着ける方式。
細いアリガタが必要なのだ。
仕方ないのでガイダー無しのノータッチで行く。

続いてLフィルター(IRカットフィルター)を忘れた。
フィルターを入れないと写り云々よりもレデューサーのバックフォーカス
の関係で収差が収まらないのだ(経験済み)
あちこちかき回してみたらケンコーの「スターリーナイトフィルター」が
出てきた。まあ光害抑制にもなるし、これを使おう。

そんなこんなでやっと撮影開始。
そして、、、

M33hp

う~~ん、もう一押しほしいところだけど、お手軽撮影としては、まあ
こんなもんかな?

ASI294MCPro(-10°)
BKP200 AckermannSP(580mmF2.9)
60s×60枚





より以前の記事一覧