2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

彗星

2019年10月29日 (火)

C/2017 T2 パンスターズ彗星

月とか惑星なんかは明るいところでも撮れるので近くの
公園で撮影するけど、暗い天体は少しでも空が暗い場所
で撮りたい。
本格的に遠征するには時間がかかりすぎるので「まあまあ」
暗い場所へ「プチ遠征」。

パンスターズ彗星がいい位置に居るとの情報があったので
さっそく行ってみる。

高速で往復¥1000。
100kmくらい走るのでガソリン代もだいたい¥1000。
夜食とか、ついでに帰ってから飲むビールも買ったりするので
食費も約¥1000。
1回のプチ遠征で約¥3000かかるのだ。
なので天気が悪化したりトラブルが発生したりすると
ちょっと凹む。

さて、買い物を済ませ撮影ポイントに向かうと、、、

Img_5503
あ~~~! 道路が冠水して通行止め。
先日の大雨の影響だろうか?
しかたなく近くの駐車場的な場所に設営。
街灯が明るいけど仕方ない、、、。

セッティング完了してぎょしゃ座が上がってくるのを待っていると
いままで快晴だったのに急に雲がもくもく。
かなり低空で透明度も悪いけどとりあえず連写してみる。

_sd
M36の左上に居ました。
尾もうっすら見えますね。
空気ユラユラでピントがかなり怪しかったけどとりあえず撮影成功。

BKP200 Ackermannスペシャル(580mmF2.9) SXP+M-gen
ASI294MC-Pro 30s×20コマ





2018年12月29日 (土)

46P / Wirtanen彗星 総集編

まだまだ見えるし、むしろ観測条件は良くなるんだけど、、、

近日点は過ぎたし、正月は諸用事でなかなか撮れないし。

46Pはお終いかな~。
という訳で撮影できた分をくっつけて大きさ比較。

46pfinal_2

結局3回しか撮れなかったけど、まあまあ写ってるんじゃない?
デジタルになってから本格的に彗星撮ったのは初めてだったけど
いろいろと勉強になった。
導入の仕方とか露出時間とかスタック方法とか処理方法とか。

次はもうちょっと上手く撮れるかな?

※この写真見ながら思ったけど、肉眼でもモヤっと見えて、
月並みに大きくて、日に日に移動していく。
古代の人たちはさぞ驚いただろうな~。


2018年12月14日 (金)

近日点通過 46P/Wirtanen彗星

また一回り大きくなったかな?
しかも微妙にテールも見えてきたような気も。

46php

近日点ということで、とにかく動きが速い。
60秒露光で撮っているけど、つぎのコマを見ると1個分くらい動いてる。
3コマくらいならギリギリ止まって見えるけど、5コマになるとあきらかに
ブレて写る。上の写真は5コマスタック。
中心部を飛ばし気味にしてゴマかしてます、、、、。

これからプレアデス、ヒアデス近辺に進んでいくけど、月も大きく
なってきてキビシさも増してきますね~。

月と並べて大きさを比べてみました。

46pmhp

2018年12月11日 (火)

2度目、46P/Wirtanen彗星

天気予報はずっと「微妙」。

GPVではなんとなく晴れというか、雲が切れてるゾーンが小さくあったので
ダメ元で出撃。
が、やはり雲、雲、雲。
一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 急いで極軸セット。
すぐ曇る。
また一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 急いで望遠鏡のアライメント。
すぐ曇る。
また一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 急いで彗星導入。
すぐ曇る。
また一瞬、晴れ間が広がって星が見える! 撮る。
すぐ曇る。

近日点真近なのでものすごく速く動く。
60秒露光でも微妙にブレてるような気も。
数枚はスタックしたいので、なんとしても連続で撮りたいが ↑ のような
状況なのでなかなか撮れない。
明日からまた天気が悪くなりそうなのでなんとしても撮りたい。
粘って粘って4時間。とりあえず6コマは撮れた。
とりあえず良しとしよう。

46php

ずいぶんデカくなったな~。
というわけで前回(12/5)撮影の分と並べてみた。

46pps

デカい!
決してあぶり出し技術が向上した訳ではありません。

2018年12月 6日 (木)

46P / Wirtanen彗星

12月なのになぜか暖かい。
なんでも記録的な暖かさなのだそうだ。
おかげで空はモヤ~。春のような空。
この空で淡い彗星はちょっとキツいだろうな~。
でもまたしばらく晴れないみたいなので無理してみる。

肉眼でも見えるとの情報もあったが↑のような状態なので無理。
双眼鏡でも見えない。
どうにもならないのでPCを接続してステラナビゲーターを使う。
さすが有料ソフト、一発で導入成功。
かなり空が明るいので露光時間を変えながら数カット撮影。
その間にも彗星はどんどん動いていく。
46pfb2
とりあえずこんな感じ。
テールが出ているとの情報もあったので左上をあけてみたが徒労に終わる。
恒星基準のスタックだと時間が限られるので彗星基準でスタックしてみる。
46pfb

星は流れるが、彗星は濃くなった、かな?
やっぱりテールは無理みたいですね~。

月デカくなる前に晴れてくれないかな~。