2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Lunar100

2019年3月26日 (火)

「ガッサンディ近辺」

201903181114_7ymoon_19_l4_ap2407_stitchr

う~~ん、いつになく良く写った(笑)
やっぱりなにはなくともシーイングだな~。

月撮影の時、シーイングがいいとついつい大量に撮ってしまう。
500ギガなんてあっという間で、油断してるとテラ超え。
当然処理が重い。
1対象/日がやっとなので晴れが続くとちょっと憂鬱。
ようやくHD(SSD)をクリアにできた。


さあ、いつ晴れてもいいぞ! と思うも今日は曇りだ。


Lunar100の
No.13 ガッサンディ
No.54 ヒッパルス谷を網羅しました。

2019年3月25日 (月)

「月面南部」

Fblrgb_2


僅かにコマが足りず中途半端な仕上がり、、、。

なんで毎回こうなるかな~、と考えてみる。

・モザイクのコマ数が多すぎてどこから始めたのか
記憶が曖昧になる。

・拡大率が高すぎてどこを撮っているか解らなくなる。

そんなところかな?

Lunar100の
No.9   クラビウス
No.30 シラー
No.59 シラーズッキウスベイスン を網羅しました。

ちゃんと「作品」を意識してしっかり撮らないとな~。
と思うこの頃です。


2018年11月26日 (月)

「晴れの海」

「晴れの海」。
有名というかほぼ必ず目にしているハズなのに初めて拡大して撮った
ような気がする、、、。
範囲が広いので10枚モザイクでようやく収まった~。

20181119hp

Lunar100の
No.18 晴れの海のダークエッジ
No.41 ベッセルのレイ
No.82 リンネ(小さいけど) を網羅しました。


2018年11月25日 (日)

「豊かの海」

寒い(笑)
完全に真冬装備じゃないと耐えられない季節になってきました。
で、時期的に「月」。
貯まりに貯まって処理が追い付きません。
ようやく11/19撮影分の「豊かの海」。
シーイングいまいちだけど、今期はいつ晴れるか解からないので
とりあえず撮っておきます。

201811191230_8irmoon_4941989_stitch

上のほうにあるのが「ラングレヌス」。
このクレーターから出ているレイがLunar100のNo.85です。
ほかのレイがゴチャゴチャであまり目立たなかったけど、、、。


※ 追記  
中ほどに写っている「メシエ メシエA」がLunar100のNo.25でした。

2018年11月21日 (水)

「蒸気の海 ~ エラトステネス」

強拡大にはいまいちなシーイング。
ウェーブレット シャープ ハイパスと繰り返し処理を重ね、なんとか
見れる(かな?)画像に。

20181119hp

右側にLunar100のNo.79、「熱の入り江」がかろうじて見えます。
あと1~2日早いとよかったね。

2018年11月 1日 (木)

「コペルニクス ~ ケプラー」

ほぼ満月期。
コペルニクスに正面から光があたってレイが目立つ。
このレイの全貌を延々とモザイクして撮りつくす! という予定だったのだが、、。
少々ミスが目立ちモザイクミス、通称モノリスが発生して泣く泣くカット。
なんとかいいところだけ切出してとりあえず完成。

20181022hp

う~~ん、おしい。
上の方を1/3くらいカットしてしまった。
めずらしくシーイング良かったのに、、、、、。

また次回チャレンジですね。

ちなみにLunar100で言うと
No. 5 コペルニクス
No.74 コペルニクスHが写っています。

2018年10月31日 (水)

「危機の海」

「危機の海」

20181025hp
この界隈を斜光で撮ろうとすると三日月というか、月齢の小さい時期に
なってしまう。
すると高度が低かったりしてなかなかうまく撮れないんだよな~。

という訳で逆向きの斜光、満月過ぎ状態での撮影。
これなら高度充分。

Lunar100で言うと
No.10 危機の海
No.12 プロクルス を網羅しています。

2018年10月24日 (水)

「湿りの海」

以前も撮った「湿りの海」。
今回の方が良く写った。

201810221151_2irmoonhp

Lunar100で言うと
No.13 ガッサンディ
No.54 ヒッパルス谷を網羅しています。

今回は8コマモザイク。
さすがにこのくらいの枚数になると仕事中の作業は無理があるわ(笑)
おおまかに
ノートPCからデスクトップへのコピー
AS!3によるスタック作業
Rejistaxによるウェーブレット作業
ステライメージによる作業
フォトショップによる作業

こんなかんじなので1カット/日くらいかかってしまう。
ヒマな時は2~3カットいけるが、目の疲労が、、、、、。

まあ、ボチボチいきます、、。

2018年10月23日 (火)

「アリスタルコス台地」

久々に2回目/日のアップ。

「アリスタルコス台地周辺」 どアップ。

20181022fb

ご存知、アリスタルコスクレーターは強烈に明るいので普通処理だと
飛んでしまう。
飛ばさないようにヒストグラム見ながらジワリジワリと慎重に調整。
最後のシャープ処理が余計だったかな~?
ちょっと硬調になっちゃいました。
さっさとPCのHD(SSD)を空けとかないと次の撮影ができませ~ん。

Lunar100で言うと
No.11 アリスタルコス
No.17 シュレーター谷
No.22 アリスタルコス台地 

の3つを網羅しています。

2018年9月29日 (土)

台風前の月撮影

土日は台風で大雨らしいので、いまいちな天気でしたが頑張って撮りました。
雲の隙間を突いて、キャプチャー、ポーズの繰り返しで細切れ撮影。


モノクロ 800fr×4
カラー  200fr×2

これだけ撮るのに約3時間。
だってフォーサーズカメラはFPSが遅いんだもの。
で、やっと撮れたのがコチラ


20180928fb


満月過ぎると月の出の時間が遅くなってくるので、なかなか撮る機会が
ないですね。
たいがい星撮りしてて、バッテリーが切れたころに月が上がってくる、、、。

ちなみに写真に写っている海(黒っぽい部分)のほとんどがプロセラルム盆地
というそうで、巨大隕石の衝突でできたそうだ。
興味あるかたはググってみて下さい。
Lunar100でいうとNo.95です。

より以前の記事一覧